ディーゼル

その他の艦船

【二等輸送艦】(戦車揚陸艦)

基準排水量 百一型:890t百三型:810t 一番艦竣工日 【第百一号輸送艦】昭和19年/1944年3月8日 同型艦 69隻竣工、6隻未成 水線長 75.00m 最大幅 9.10...
その他の艦船

【千歳型水上機母艦】

基準排水量 11,023t 一番艦竣工日 【千歳】昭和13年/1938年7月25日 同型艦 2隻 全 長 183.00m 最大幅 18.80m 最大速度 29.0ノッ...
その他の艦船

【丙型・丁型海防艦】

第一号丙型海防艦 起工日 昭和18年/1943年9月15日 進水日 昭和18年/1943年12月29日 竣工日 昭和19年/1944年2月29日 同型艦数 59隻 ...
その他の艦船

日進【水上機母艦】

起工日 昭和13年/1938年11月2日 進水日 昭和14年/1939年11月30日 竣工日 昭和17年/1942年2月27日 退役日(沈没) 昭和18年/1943年7月22日ブーゲンビル島...
その他の艦船

瑞穂【水上機母艦】

起工日 昭和12年/1937年5月1日 進水日 昭和13年/1938年5月16日 竣工日 昭和14年/1939年2月25日 退役日(沈没) 昭和17年/1942年5月2日御前崎沖 ...
航空母艦

龍鳳【航空母艦】

【龍鳳】は【祥鳳・瑞鳳・千歳・千代田】とともに、「ワシントン・ロンドン海軍軍縮条約」の対策として空母改装を前提として建造された船でした。 【龍鳳】の前身は【潜水母艦 大鯨】といい、潜水艦用の補給艦として任務についていました。 【大鯨】の建造は初めて船体全体を溶接する電気溶接によって行われたのですが、これが工程を困難にしていました。
航空母艦

瑞鳳【祥鳳(瑞鳳)型航空母艦】

【瑞鳳】は元は【剣埼型高速給油艦 高崎】であり、「ワシントン海軍軍縮条約・ロンドン海軍軍縮会議」の空母保有制限の対策として建造されました。 空母自体は建造できませんが、空母に似たものを造ることはできたため、日本は3ヶ月ほどの時間があれば空母に改装できる船を建造することにしました。 その候補は【剣埼型高速給油艦 剣埼・高崎】
航空母艦

祥鳳【祥鳳(瑞鳳)型航空母艦】

「ワシントン海軍軍縮条約」と「ロンドン海軍軍縮会議」によって、各国は空母の保有量が制限されてしまいます。 そこで日本は、その条約に抵触しないレベルで空母っぽい艤装をさせた船を建造しておき、いざ必要な時に3ヶ月程度で空母に改装できるようにしておくという計画を立てました。 その候補の1隻となったのが、【高速給油艦 剣埼】でした。
広告