火星

航空機/飛行艇

二式飛行艇/川西 H8K

「九七式飛行艇」が誕生した結果、海軍は更に強力な飛行艇の開発を決定。 「九七式飛行艇」を完成させた川西航空機に再び製作を命じます。 しかし一から製作するにはすでに開戦までに時間がないことがわかっていたので、基本設計は「九七式飛行艇」に基づいた、更新機としての開発となりました。
航空機/飛行艇

夜間戦闘機 『極光』/川西 P1Y2

「一式陸上攻撃機」の後継機として、中島飛行機が苦労して製作した「銀河」が誕生したのは昭和18年/1943年11月頃から。 しかし日本はすでにアメリカに明らかな劣勢を強いられ、「銀河」そのものの性能は高くとも、活躍できるシーンは多くはありませんでした。 また「銀河」に搭載されていた「誉」の慢性的な不調、熟練パイロットが全くいない状況も、「銀河」の活躍を阻害していました。
航空機/飛行艇

一式陸上攻撃機/三菱 G4M

「九六式陸上攻撃機」が誕生し、「第二次上海事変」において果敢に渡洋攻撃を繰り出していた昭和12年/1937年。 海軍は優秀な性能にも関わらず高い損耗率を出している「九六式陸攻」の後継機をすぐにでも用意すべきだと慌てていました。 戦闘機は後ほど「零式艦上戦闘機」が誕生して事なきを得るのですが、しかし旧式の複葉戦闘機にも撃墜される脆弱性は見過ごすことはできません。
航空機/飛行艇

陸上爆撃機 『銀河』/空技廠 P1Y

昭和14年/1939年当時、帝国海軍の陸上攻撃機は「九六式陸上攻撃機」が主力。 またその後継機として昭和12年/1937年から「一式陸上攻撃機」の開発が進められており、その性能も概ね良好でした。 しかしすでに開戦していた第二次世界大戦の情勢から、海軍は欧州で飛び回っている大型の急降下爆撃機を配備すべきだという意見が多数を占めるようになりました。
航空機/飛行艇

局地戦闘機 『雷電』/三菱 J2M

「支那事変」で日本は「九九式艦上爆撃機」や「九七式艦上攻撃機」、「九六式艦上戦闘機」などの活躍により中華民国軍に攻撃を仕掛けていた日本ですが、一方で日本も中華民国軍の爆撃機によって航空基地や艦隊が大きな被害を受けていました。 そこで海軍では、敵陣に赴く艦爆、艦攻の護衛と敵戦闘機の撃墜を主任務としていた艦上戦闘機とは別に、自軍に攻め込む敵機を迎撃する局地戦闘機の要望が高まりました。
航空機/飛行艇

水上戦闘機 『強風』/川西 N1K

「支那事変」の際、日本は当時主力だった「九六式艦上攻撃機」だけではなく、「九五式水上偵察機」も攻撃機として運用していました。 そしてこれが思いの外実績を残したので、海軍は通常の艦上戦闘機だけでなく、水上機も戦闘機として運用しようと目論むようになります。
航空機/飛行艇

艦上攻撃機 『天山』/中島 B6N

昭和14年/1939年10月、もうまもなく「九七式艦上攻撃機」が採用されるところで、海軍は早速次世代機の開発に力を注ぎます。 「九七式艦攻」は優秀ではありましたが、一方で初の単葉機艦攻ということもあり、実験的な意味も含めての製造となっています。 次の「十四試艦上攻撃機」はこの「九七式艦攻」の経験を活かし、より高速でより長航続距離を誇る艦攻を目指すことになりました。
広告