(試製)【三式軽戦車 ケリ】

広告
広告

全 長4.30m
全 幅2.07m
全 高2.28m
全備重量7.40t
最高速度40km/h
走行距離240
乗 員3人
携行燃料130ℓ
火 砲九七式五糎七戦車砲 1門
九七式車載重機関銃(7.7mm) 2門
エンジン三菱A六一二〇VDe
空冷直列6気筒ディーゼル
最大出力115馬力

各 所 装 甲

砲塔 前面12mm
砲塔 側面12mm
砲塔 後面12mm
砲塔 上面6mm
車体 前面12mm
車体 側面最大12mm
車体 後面8mm
車体 上面最大10mm
車体 底面6mm

まず、三式・四式軽戦車についてはイカロス出版の「MILITARY CLASSICS Vol.57(2017年4月21日)」において、新しい提言がなされています。
端的に言うと、「これまでの【三式軽戦車 ケリ】は実は『試製三式軽戦車 ケリ』だよ。【四式軽戦車 ケヌ】は実は『三式軽戦車 ケル』だよ。【四式軽戦車】は本当は【二式軽戦車 ケト】を改修したものだよ」という内容です(現物手元にないけど)。
なので、本項で紹介するのは【試製三式軽戦車 ケリ】です。

【ケリ】は、仕様から見ても【九七式中戦車 チハ】の新砲塔化によって余った九七式五糎七戦車砲を無理矢理【九五式軽戦車】に突っ込んだといっていいでしょう。
実は九七式のほうが九八式三十七粍戦車砲よりも軽いのですが、何故か重量は700kg増えています。
あと馬力も5馬力落ちてるのも何なんでしょうね?

ただ、本当に【九五式軽戦車】の砲塔に九七式を突っ込んだだけのため、砲塔が九七式に適しておらず、狭いどころか動けないレベルの窮屈さ。
砲塔上部のハッチからは人が入れず、ということは車長が外を見渡すこともできないわけです。
いやはやまったく使えない、ということで【ケリ】は試製止まり、流石に手抜きが過ぎるということで【三式軽戦車 ケル】の開発が始まりました。