初梅【橘型駆逐艦 十四番艦】

広告
広告

起工日昭和19年/1944年12月8日
進水日昭和20年/1945年4月25日
竣工日昭和20年/1945年6月18日
退役日
(除籍)
昭和36年/1961年12月1日

建 造舞鶴海軍工廠
基準排水量1,289t
垂線間長92.15m
全 幅9.35m
最大速度27.3ノット
航続距離18ノット:3,500海里
馬 力19,000馬力
主 砲40口径12.7cm連装高角砲 1基2門
40口径12.7cm単装高角砲 1基1門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 1基4門
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺
25mm単装機銃 12基12挺
缶・主機ロ号艦本式缶 2基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

※松型・橘型の艦の順序は基準によって異なります。

広告



水雷戦隊の栄光、ここに終焉 帝国海軍最後の駆逐艦 初梅

【初梅】は竣工後も第十一水雷戦隊に所属することなく、そのまま舞鶴に残り続けました。
呉から避難してきた第十一水雷戦隊も、舞鶴を過ぎて小浜に入港していたためです。

しかし舞鶴も空襲がないわけではありません。
6月28日にはその空襲によって損傷があり、また7月30日に【榎】が触雷して沈没寸前になった時も、救助に向かうところにアメリカからの横槍が入っています。

幾つかの損傷がありながらも、終戦後は復員船として各地から兵士などを日本へ送り届ています。
復員輸送従事後は、昭和22年/1947年7月6日に賠償艦として中国へ引き渡されます。
名を『信陽』と改めた【初梅】は艦の状態がよかったため、日本の12cm砲(単装砲?)を2基搭載して中国の海防第一艦隊に配属されています。
また修理の際には、同じく賠償艦として引き渡されながらも状態が悪いために解体された【蔦】の資源を流用していました。

昭和24年/1949年の国共戦争では台湾に逃れ、昭和30年/1955年には主砲をアメリカの5インチ単装砲2基へと換装。
流石に旧式となった『信陽』は、金門島近海の哨戒活動に従事し、大きな艦隊からは外れた任務となりました。
そして昭和36年/1961年12月、日本の最後の駆逐艦である『信陽』は、中華民国海軍から除籍され、解体。

初の量産型駆逐艦「峯風型」から、一等駆逐艦のべ169隻(未成艦除く)。
その軽い身のこなしと速度、敵の本隊を一撃で壊滅させる必殺の魚雷を武器に果敢に立ち向かう水雷戦隊。
帝国海軍が夢見た世界最強の駆逐艦の歴史は、この【初梅】をもって、終焉を迎えたのです。