帆風【峯風型駆逐艦 十二番艦】

広告
広告

起工日大正9年/1920年11月30日
進水日大正10年/1921年7月12日
竣工日大正10年/1921年12月22日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年7月6日
セレベス海サンギ島沖
建 造舞鶴海軍工廠
基準排水量1,251t
垂線間長97.54m
全 幅8.92m
最大速度39.0ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 4基4門
魚 雷53.3cm連装魚雷発射管 3基6門
機 銃6.5mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
三菱パーソンス式ギアードタービン 2基2軸



【帆風】
は一部では「峯風型」の最後の駆逐艦となっています。
以降の【野風・沼風・波風】は従来の「峯風型」から砲塔と魚雷発射管の配置を改められているため、「野風型」もしくは「峯風改型」と分類されることもあるためです。

【帆風】は太平洋戦争では南方支援に回り、哨戒活動や護衛任務に就きました。
昭和18年/1943年7月1日、マカッサル海峡にて【米タンバー級潜水艦 スレッシャー】の魚雷を受けて中破、応急処置を受けたのち、スラバヤで修理をされています。

しかしそれからほぼ1年後の昭和19年/1944年7月6日、【米ガトー級潜水艦 パドル】の魚雷を受けてしまい、沈没してしまいます。