【伊七十四型潜水艦⇒174型】(海大六型b)

広告
広告

基準排水量1,420t
水中排水量2,564t
一番艦竣工日伊号第七十四潜水艦
昭和13年/1938年8月15日
同型艦2隻
全 長105.00m
最大幅8.20m
主 機艦本式1号甲8型ディーゼル 2基2軸
最大速度水上 23.0ノット
水中 8.0ノット
航続距離水上 16ノット:10,000海里
水中 3ノット:65海里
馬 力水上 9,000馬力
水中 1,800馬力

装 備 一 覧

備 砲45口径12cm単装砲 1基1門
13mm機銃 1挺
7.7mm機銃 1挺
魚雷/その他兵装艦首:53cm魚雷発射管 4門
艦尾:53cm魚雷発射管 2門
搭載魚雷 14本
九三式水中聴音機 1基
九三式探信儀 1基
広告



六型aからさらに装備を増強 安全深度も増した六型b

 6隻の建造が進んでいた「海大六型」ですが、「第二次軍備補充計画」で2隻の追加が決定しました。
この追加分は「海大六型」に多少の改良がくわえられ、「海大六型b」と称されます。
船形に違いはありませんが、船殻を増したおかげで安全潜航深度が85mにまで延長され、また水中聴音機が国産の「九三式水中聴音機」へと置き換えられています。
探信儀(アクティブ・ソナー)は「九三式水中探信儀」が追加され、機銃も13mm機銃7.7mm機銃1挺ずつと、着実に装備面は増強されていきました。

「海大六型b」【伊174、伊175】の2隻だけですが、本来3隻一編成の潜水隊において、この「海大六型b」は例外的に2隻での運用となりました。
のちに「海大七型」が誕生し、【伊176】が竣工されてからようやく3隻体制が整い、3隻とも昭和19年/1944年に沈没しています。

同 型 艦

艦名は最終のもの

伊号第百七十四潜水艦伊号第百七十五潜水艦