【呂十三型潜水艦】(海中二型)

広告
広告

基準排水量720t
水中排水量1,003t
一番艦竣工日呂号第十三潜水艦
大正9年/1920年9月30日
同型艦2隻
全 長70.10m
最大幅6.10m
主 機ズルツァー式2号ディーゼル 2基2軸
最大速度水上 16.5ノット
水中 8.5ノット
航続距離水上 10ノット:6,000海里
水中 4ノット:85海里
馬 力水上 2,600馬力
水中 1,200馬力

装 備 一 覧

備 砲28口径7.6cm単装高角砲 1基1門
魚雷/その他兵装艦首:45cm魚雷発射管 4門
舷側:45cm魚雷発射管 2門
搭載魚雷 10本
広告



航続距離を伸ばすも機関更新できずに速力低下 海中二型

「海中一型」でついに国産潜水艦の門を開いた日本は、次いで「海中二型」の建造に入ります。
時すでに軍拡の波大きく、日本は「八四艦隊計画」の実現に向けて張り切っていました。
「海中一型」は大正5年/1916年度計画ですが、翌大正6年/1917年度計画では各艦種の大量建造計画が立てられており、潜水艦はこの「海中二型」をはじめ、「海中三型、L型、F型」の建造が一気に決まっています。

とは言うものの、日本はまだ潜水艦建造技術は備わっていません。
独自に新しい設計をする力もないですから、「海中二型」「一型」の部分改良に留まっています。
ズルツァー式はスペック通りの速度が出ないことがわかってはいましたが、しかし代替機関がないのもまた事実で、「二型」は止む無く同じディーゼルを使い続けています。

「海中二型」の相違点は燃料搭載量の増。
これにより航続距離は10ノット:6,000海里と2,000海里増えました。
ただし、排水量は増えても機関は同じですから速度は逆に16.5ノットといたって平凡な数字になってしまいました。
また舷側魚雷発射管も後部に移されています。
サイズは全長1m増、幅25cm減とほぼ同じです。

同 型 艦

呂号第十三潜水艦呂号第十四潜水艦呂号第十五潜水艦