一式陸上攻撃機 | 大日本帝国軍 主要兵器

一式陸上攻撃機

1942年

ニューギニア沖海戦

ニューギニア沖海戦 ニューギニア沖海戦(?) 戦闘参加戦力 大日本帝国 連合国 第二四航空戦隊(司令官:後藤...
1942年

ジャワ沖海戦/マカッサル海峡海戦

ジャワ沖海戦 マカッサル海峡海戦 戦闘参加戦力 大日本帝国 連合国 第一一航空艦隊(司令長官:塚原二四三...
1941年

マレー沖海戦

マレー沖海戦 マレー沖海戦 戦闘参加戦力 大日本帝国 連合国 第一航空部隊(司令長官:松永貞市少将) ...
1943年

レンネル島沖海戦/レンネル島海戦

レンネル島沖海戦 レンネル島海戦 戦闘参加戦力 大日本帝国 連合国 第一一航空艦隊(司令長官:草鹿任一中...
航空機/飛行艇

一式陸上攻撃機/三菱 G4M

「九六式陸上攻撃機」が誕生し、「第二次上海事変」において果敢に渡洋攻撃を繰り出していた昭和12年/1937年。 海軍は優秀な性能にも関わらず高い損耗率を出している「九六式陸攻」の後継機をすぐにでも用意すべきだと慌てていました。 戦闘機は後ほど「零式艦上戦闘機」が誕生して事なきを得るのですが、しかし旧式の複葉戦闘機にも撃墜される脆弱性は見過ごすことはできません。
航空機/飛行艇

航空機、飛行艇 一覧

九九式艦爆 九七式艦攻 零戦 紫電改 彩雲 九六式陸攻 一式陸攻 雷電 銀河 隼 屠龍 飛燕 疾風 呑龍 飛龍 一〇〇式司偵 富嶽 秋水 震電 火龍