呉軍港空襲

重巡洋艦

利根【利根型重巡洋艦 一番艦】

主砲は船体の前後に配備されるものでしたが、その主砲を前部へ集中させ、後部は水上機の配備・発射用の設備を整えるというものに変更。 その代わり3番、4番砲塔は最初から後ろ向きにしておきました(当然前方へ向けることもできます)。 主砲は20.3cm連装砲4基と、「最上型」より1基減りますが、その代わり水上機搭載数は6機と、「最上型」の倍(【最上】竣工時と比較)。
重巡洋艦

青葉【青葉型重巡洋艦 一番艦】

本来「青葉型」の【青葉】と【衣笠】は「古鷹型」の3番艦、4番艦となるはずでした。 しかし人力装填という欠点があったことから、この3番艦、4番艦を再設計することでより強化させることになります。 基本設計は「古鷹型」と同様ですが、当然主砲は「古鷹型」の人力単装砲から機力連装砲である20cm連装砲へ強化。
戦 艦

日向【伊勢型戦艦 二番艦】

【日向】は【伊勢】と同じく、本来「扶桑型」として建造される予定だったものが「伊勢型」として計画し直されたものです。 【日向】は、【伊勢】は経験していない連合艦隊旗艦という大役を任されています。 連合艦隊旗艦を退いたあとも、戦隊旗艦を務めるなど、姉よりも出世しています。 これだけでも運の強さがわかりますが、【日向】の凄さはそこだけではありません。
戦 艦

伊勢【伊勢型戦艦 一番艦】

もともと【伊勢・日向】は、「扶桑型」の三番艦・四番艦として建造される予定でした。 ところが、予算がなかったため工期の延期、さらに「扶桑型」から見つかった数々の欠陥から、急遽設計段階からの計画変更を行い、「伊勢型」として再スタートしました。 「伊勢型」の設計には建艦競争が活発な欧米の最新の設計を多数見習っているところがあります。
戦 艦

榛名【金剛型戦艦 三番艦】

初の超弩級戦艦【金剛】、初の国産超弩級戦艦【比叡】、そしてこの【榛名】は、四番艦【霧島】とともに、初の民間造船所建造の戦艦となりました。 主砲もここで初めて国産の35.6cm連装砲が搭載されます。 【榛名】を建造した川崎造船所と【霧島】を建造した三菱長崎造船所が、激しいライバル争いを繰り広げる事にもなりました。
広告