夜間戦闘機

航空機/飛行艇

夜間戦闘機 『極光』/川西 P1Y2

「一式陸上攻撃機」の後継機として、中島飛行機が苦労して製作した「銀河」が誕生したのは昭和18年/1943年11月頃から。 しかし日本はすでにアメリカに明らかな劣勢を強いられ、「銀河」そのものの性能は高くとも、活躍できるシーンは多くはありませんでした。 また「銀河」に搭載されていた「誉」の慢性的な不調、熟練パイロットが全くいない状況も、「銀河」の活躍を阻害していました。
航空機/飛行艇

夜間戦闘機 『電光』/愛知 S1A

当時日本には夜間戦闘機として「二式陸上偵察機」から斜銃装備などの改造を経て誕生した「月光」を運用していました。 しかし「月光」ではどうしようもない敵が誕生するとの噂を聞きつけた海軍は、緊急にこの空飛ぶ要塞を撃退する手段を用意しなければならなくなりました。 その敵こそ、やがて日本各地を焦土にする「B-29」です。
航空機/飛行艇

夜間戦闘機 『月光』/中島 J1N

昭和12年/1937年、日本は「支那事変(日中戦争)」において渡洋爆撃を敢行しました。 まさか台湾から飛んできているとは思わない中国軍は慌てふためきました。 ちょうど世界では大型爆撃機の性能は戦闘機を振り切るという風潮があり(戦闘機無用論)、この渡洋爆撃に際しても、使用された「九六式陸上攻撃機」に追随できる戦闘機がなかったことから、「九六式陸攻」単独での攻撃でした。
広告