航空機/飛行艇

夜間戦闘機 『電光』/愛知 S1A

当時日本には夜間戦闘機として「二式陸上偵察機」から斜銃装備などの改造を経て誕生した「月光」を運用していました。 しかし「月光」ではどうしようもない敵が誕生するとの噂を聞きつけた海軍は、緊急にこの空飛ぶ要塞を撃退する手段を用意しなければならなくなりました。 その敵こそ、やがて日本各地を焦土にする「B-29」です。
航空機/飛行艇

陸上攻撃機 『連山』/中島 G8N

日本初の四発機「深山」は、ありとあらゆる問題が噴出した結果採用されることなく計画は中止。 しかし時はすでに戦中で、大型陸上攻撃機は必ず陸上基地や艦船攻撃に重宝されるようになると考えられ、日本に未だに四発機がない事態を憂いていました。 昭和18年/1943年、海軍は「深山」で失敗はしたものの、ノウハウを得ている中島飛行機に再び四発機の製作を指示。
航空機/飛行艇

陸上爆撃機 『銀河』/空技廠 P1Y

昭和14年/1939年当時、帝国海軍の陸上攻撃機は「九六式陸上攻撃機」が主力。 またその後継機として昭和12年/1937年から「一式陸上攻撃機」の開発が進められており、その性能も概ね良好でした。 しかしすでに開戦していた第二次世界大戦の情勢から、海軍は欧州で飛び回っている大型の急降下爆撃機を配備すべきだという意見が多数を占めるようになりました。
航空機/飛行艇

艦上戦闘機 『烈風』/三菱 A7M

世紀の大傑作機「零式艦上戦闘機」が昭和15年/1940年に誕生してから数ヶ月もしないうちに、海軍は手を緩めず次世代の戦闘機の開発を推し進めます。 戦争で使われる兵器は抜きつ抜かれつのせめぎ合いです。 こちらが新しい一手を出すと同時に、次に相手が繰り出す武器を潰す手段を用意しなければなりません。 海軍は「零戦」を生み出した三菱重工業に「十六試艦上戦闘機」の開発を指示します。
航空機/飛行艇

局地戦闘機 『紫電/紫電改』/川西 N1K1-J/N1K2-J

昭和16年/1941年、川西航空機は海軍の命令で「強風」の開発を急いでいました。 しかし要求があまりにも困難なものだったので、命令を受けてから1年が経過した昭和16年/1941年末でも、未だに先行きは不透明なままでした。 特に、水上機でフロートが装備されているのにもかかわらず、「零式艦上戦闘機」よりも速くしろという要求が「強風」開発の遅延を生み出していました。
航空機/飛行艇

局地戦闘機 『陣風』/川西 J6K1

十八試甲戦闘機「陣風」 全 長 10.118m 全 幅 12.500m 全 高 4.130m 主翼面積 26.000㎡ 自 重 3,500kg 航続距...
航空機/飛行艇

局地戦闘機 『天雷』/中島 J5N

昭和18年/1943年2月、日本は激戦に次ぐ激戦に遂に根負けし、「ガダルカナル島の戦い」において撤退作戦を開始。 この「ケ号作戦」実施の一ヶ月前、海軍はアメリカが実用化に向けて着々と開発をしている「B-29」に脅威を感じていました。 太平洋戦争後期から続々と本土上空を飛び交うようになったこの「B-29」は、「超空の要塞」(ちょうそらのようさい)とまで言われ、高度8,500m以上の高高度から悠々と爆撃をすることができる代物でした。
航空機/飛行艇

艦上偵察機『彩雲』/中島 C6N

昭和17年/1942年、日本はこれまで偵察任務を「九七式艦上攻撃機」や「零式水上偵察機」に任せていました。 そしてこの傾向は日本だけではなく、世界各国も空母や基地に存在する航空機を利用して偵察を行っています。 つまり、どこの国も「偵察機」としての航空機を使用していませんでした。
航空機/飛行艇

艦上攻撃機 『流星』/愛知 B7A

「九九式艦爆」、「九七式艦攻」が艦載機の主力として暴れまわった戦争初期、日本は後継機「天山」の開発を始めていましたが、一方で従来の艦爆・艦攻の性能に限界が来ていることを痛感していました。 主に急降下爆撃を繰り出す艦爆は、敵艦船、特に空母の飛行甲板の装甲が厚くなるにつれて、従来の搭載爆弾では大きなダメージを与えることができなくなってきていました。
広告