戦 艦

戦 艦

陸奥【長門型戦艦 二番艦】

【長門】が起工した翌年、今度は横須賀で、妹の【陸奥】が起工されました。 大正9年/1920年に竣工した【長門】の登場が世界を驚かせたため、【陸奥】にも同様、いやそれ以上の期待感が込められて、建造は続けられました。 しかし、そんな【陸奥】が突如廃艦の危機に襲われます。 あまりにも優秀だった【長門】を見た米英が、大正10年/1921年に「ワシントン海軍軍縮会議」を開催し、軍艦の建造数を制限することにしたのです。
戦 艦

長門【長門型戦艦 一番艦】

多数の欠陥に頭を悩まされるも、戦艦を建造するスキルを身につけた日本は、いよいよ本格的に軍艦の増備を行います。 【長門】は、明治40年/1907年に立ち上がった「八八艦隊計画」の一隻として、大正9年/1920年に竣工します。 これまで世界は米英が最新鋭軍艦を建造・所持し、それに西欧が続き、さらにあとから日本が追いかける構図でした。 しかし、この【長門】の誕生は、米英をはじめ、世界を震撼させる大事件となったのです。
戦 艦

日向【伊勢型戦艦 二番艦】

【日向】は【伊勢】と同じく、本来「扶桑型」として建造される予定だったものが「伊勢型」として計画し直されたものです。 【日向】は、【伊勢】は経験していない連合艦隊旗艦という大役を任されています。 連合艦隊旗艦を退いたあとも、戦隊旗艦を務めるなど、姉よりも出世しています。 これだけでも運の強さがわかりますが、【日向】の凄さはそこだけではありません。
戦 艦

伊勢【伊勢型戦艦 一番艦】

もともと【伊勢・日向】は、「扶桑型」の三番艦・四番艦として建造される予定でした。 ところが、予算がなかったため工期の延期、さらに「扶桑型」から見つかった数々の欠陥から、急遽設計段階からの計画変更を行い、「伊勢型」として再スタートしました。 「伊勢型」の設計には建艦競争が活発な欧米の最新の設計を多数見習っているところがあります。
戦 艦

山城【扶桑型戦艦 二番艦】

「扶桑型戦艦」一番艦【扶桑】が竣工した時、予算の関係で着工がかなり遅れた【山城】はようやく進水したところでした。 しかし欠陥だらけの【扶桑】に浴びせられた罵詈雑言は、やがて建造途中の【山城】にも向けられることになります。 同じ設計図で建造されているのですから当然でしょう、「欠陥戦艦が二隻もあってどうするつもりだ」という心境になるのも無理はありません。
戦 艦

扶桑【扶桑型戦艦 一番艦】

「金剛型戦艦」の導入が始まり、いよいよ日本でも超弩級戦艦の設計・建造がスタートします。 当時としては世界最大、また世界で初めて排水量30,000tを超えた巨大な戦艦でした。 しかし、結論から言ってしまえば、「扶桑型戦艦」はなかなか見事な失敗作でした。 カタログスペックこそ、当時の世界水準に見劣りはしませんでしたが、実際に運用すると改善箇所がどんどん浮き彫りになってきます。
戦 艦

霧島【金剛型戦艦 四番艦】

初の超弩級戦艦【金剛】、初の国産超弩級戦艦【比叡】、そしてこの【霧島】は、三番艦【榛名】とともに、初の民間造船所建造の戦艦となりました。 そして【榛名】と同じ日に竣工日を迎えるなど、まさに双子として誕生した【霧島】は、実は長女たる【金剛】との類似性のほうが高いのです。
戦 艦

榛名【金剛型戦艦 三番艦】

初の超弩級戦艦【金剛】、初の国産超弩級戦艦【比叡】、そしてこの【榛名】は、四番艦【霧島】とともに、初の民間造船所建造の戦艦となりました。 主砲もここで初めて国産の35.6cm連装砲が搭載されます。 【榛名】を建造した川崎造船所と【霧島】を建造した三菱長崎造船所が、激しいライバル争いを繰り広げる事にもなりました。
戦 艦

比叡【金剛型戦艦 二番艦】

イギリスのヴィッカース社で建造されている【金剛】から遅れて10ヶ月、現地へ派遣した技術者の経験と調達した図面から、いよいよ国産の超弩級戦艦の建造の準備が始まりました。 といっても、実は材料の大半はヴィッカース社へ注文しており、純国産、とは言いづらい建造過程です。 「仮称卯号装甲巡洋艦」という名称で【比叡】の建造はスタート。
戦 艦

金剛【金剛型戦艦 一番艦】

1900年代の時点で日本で最も有名だった戦艦は、「日本海海戦」で大国ロシアのバルチック艦隊を打ち破った【敷島型戦艦 三笠】でした。しかしその【三笠】はイギリスのヴィッカース社製。世界の軍拡の波は徐々に大きくなっており、日本も将来を見据えて初めて自前で戦艦を建造します。
広告