楡【橘型駆逐艦 九番艦】

広告
広告

起工日昭和19年/1944年8月14日
進水日昭和19年/1944年11月25日
竣工日昭和20年/1945年1月31日
退役日
(解体)
昭和23年/1948年4月20日

建 造舞鶴海軍工廠
基準排水量1,289t
垂線間長92.15m
全 幅9.35m
最大速度27.3ノット
航続距離18ノット:3,500海里
馬 力19,000馬力
主 砲40口径12.7cm連装高角砲 1基2門
40口径12.7cm単装高角砲 1基1門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 1基4門
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺
25mm単装機銃 12基12挺
缶・主機ロ号艦本式缶 2基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

※松型・橘型の艦の順序は基準によって異なります。


九番艦なのに実は誕生は二番目の【楡】です(【橘】の次に竣工したのが【楡】)。
【楡】は竣工後に第十一水雷戦隊に配属され、瀬戸内で訓練に励みました。
4月25日には第三一戦隊、第五二駆逐隊に編入されます。

6月22日、【楡】は呉で空襲を受けてしまい、「橘型」14隻の中ではかなり大きな被害を受けてしまいます。
この爆撃によって25名の乗員が死亡し、また缶室、機械室にも相当のダメージが残ってしまいました。
これによって最大速度は17ノットにまで低下。
戦隊での役割を担うことができなくなった【楡】は第五二駆逐隊からはずされて特殊警備艦となりました。
また同時に船員もすべて退艦し、【樺】へと異動しています。

そのまま呉の海に浮き続けた【楡】は、数名の保安員こそ乗艦していたものの、本来船を担うべき人が誰一人いない状態で終戦を迎えました。
損傷が残された【楡】は復員輸送にも参加せず、昭和20年/1945年10月15日に除籍。
しばらくは浮桟橋として利用されていましたが、昭和23年/1948年1月から解体されることになりました。