島風【峯風型駆逐艦 四番艦】

広告
広告

起工日大正8年/1919年9月5日
進水日大正9年/1920年3月31日
竣工日大正9年/1920年11月15日
退役日
(沈没)
昭和18年/1943年1月12日
カビエン沖
建 造舞鶴海軍工廠
基準排水量1,251t
垂線間長97.54m
全 幅8.92m
最大速度39.0ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 4基4門
魚 雷53.3cm連装魚雷発射管 3基6門
機 銃6.5mm単装機銃 4基4挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
三菱パーソンス式ギアードタービン 2基2軸

広告



最速の駆逐艦 有名な2代目の先祖 島風

【島風】という名を聞いて、「峯風型」【島風】をあげる人はほとんどいないと思います。
それほど2代目の【島風】は有名です。
【島風】と言えば何と言ってもその速力。
2代目【島風】は同型艦はいませんが、40.4ノットもの速力を発揮した韋駄天です。
さらに重武装、長い航続距離等、何につけても超強力な駆逐艦でした。

しかし【島風】が優秀なのは2代目だけではありません。
この初代【島風】もまた、快速の駆逐艦です。
初代【島風】が記録した最高速度は40.7ノット。
これは2代目【島風】が公試で40.9ノットを叩き出すまでの日本最速記録でした。

そんな【島風】ですが、竣工後は第三駆逐隊に編入されます。
昭和3年/1928年、【島風】は少演習中に【夕風】に衝突されて右舷艦首が大破してしまい、横須賀で修理を行っています。

「上海事変」「支那事変(日中戦争)」に参加した後、【島風】は予備艦に格下げされ、第一線から退きます。
昭和15年/1940年には駆逐艦から哨戒艇へと艦種変更され、名前も「第一号哨戒艇」へと改められます。

さらに太平洋戦争直前には改装されて強襲揚陸艦となり、兵装を取り除いて居住区を拡大、大発動艇2隻を搭載して輸送の手助けを行います。

昭和18年/1943年1月、【島風】【給油船 あけぼの丸】を護衛中に【米ガトー級潜水艦 ガードフィッシュ】の雷撃によってビスマルク諸島カビエン沖で沈没しました。
2代目竣工の4ヶ月前と、その勇姿を目にすることはかないませんでした。