取 舵

広告
広告

【取舵】とは、船舶航行において、進行方向を基準として「左」に舵を切ること。

【取舵】の語源だが、古代中国では方角を十二支で表していた。
船舶航行に欠かせない羅針盤は、東西南北にかかわらず進行方向は必ず「子」(時計で表すと12時)に向いている。
その「子」を中心として、羅針盤から見て西に舵を切る場合、真西(時計で表すと9時)に当たる「酉」に向かって舵を切る。
これを「酉に向かって舵を切る」ということから、「酉舵」と言った。

この「酉舵」の漢字が、【取舵】へと変わっていったという説が有力。
逆に「右」へ向かって舵を切ることを【面舵】と呼ぶ。

発音はぉぉりぁじ』となる。