【呂五十三型潜水艦】(L二型) | 大日本帝国軍 主要兵器
広告

【呂五十三型潜水艦】(L二型)

【アンケートご協力ありがとうございました。】

内容が長くなるのは

  • いいよ (74%, 395 Votes)
  • いいけど短いまとめもほしい (20%, 109 Votes)
  • いやだ (5%, 29 Votes)

総投票数: 533

Loading ... Loading ...

記事内に広告が含まれています。

常備排水量893t
水中排水量1,075t
一番艦竣工日呂号第五十三潜水艦
大正10年/1921年3月10日
同型艦4隻
全 長70.59m
最大幅7.16m
主 機ヴィッカース式ディーゼル 2基2軸
最大速度水上 17.3ノット
水中 10.4ノット
航続距離水上 10ノット:5,500海里
水中 4ノット:80海里
馬 力水上 2,400馬力
水中 1,600馬力

装 備 一 覧

備 砲28口径7.6cm単装高角砲 1基1門
魚雷/その他兵装艦首:45cm魚雷発射管 4門
舷側:45cm魚雷発射管 2門
搭載魚雷 10本
広告

L一型の一部部品を国産化 性能変わらず長年に渡って沿岸を警備

「L一型」を導入することで日本の技術、特にディーゼル機関の技術には大きな光が灯りました。
これまで国産化のめどは全く立たず、ライセンス契約した潜水艦も機関の調子は悪いものばかり、このままでは世界がいいディーゼルを造れるようになった時に日本はまだそのお尻を追いかけるしかない。
この閉塞感を打破してくれた「L一型」は、2隻が完全コピー、そして4隻が部品の国産化を進めた「L二型」として設計されます。

主に主機や電池類で国産のものが使用され、また電池の要領の関係から個数も少し増えています。
その影響で排水量もちょっとだけ増えていますが、サイズは全く同じのほぼ同型艦です。
速度がちょっとだけ早くなっているのは主機類の影響だと思われます。

また、竣工後には舷側に取り付けられていた魚雷発射管が取り除かれています。
実は「L型」は艦上ではなく水線下の舷側に魚雷発射管がありました。
ですが発射の機会を考えて取り外されたと思われ、その影響で居住区が広がっています。
「L二型」も昭和15年/1940年まで艦隊の一員として行動を続けています。

同 型 艦

呂号第五十三潜水艦呂号第五十四潜水艦呂号第五十五潜水艦(初代)
呂号第五十六潜水艦(初代)
潜水艦
広告

各項における参考文献、引用文献などの情報を取りまとめる前にHPが肥大化したため、各項ごとにそれらを明記することができなくなってしまいました。
勝手ながら今は各項の参考文献、引用文献をすべて【参考書籍・サイト】にてまとめておりますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

大日本帝国軍 主要兵器