航空機/飛行艇

航空機/飛行艇

航空機・飛行艇 その他及び未採用機

九五式艦上戦闘機 九六式艦上爆撃機 九七式艦上偵察機 零式輸送機 白菊 桜花 梅花 研三 剣 タ号攻撃機
航空機/飛行艇

零式水上偵察機/愛知 E13A

昭和12年/1937年、帝国海軍はこれまで役割を果たしてきた「九四式水上偵察機」の後継機の開発に乗り出していました。 「九四式水偵」は複葉機ではあるものの、530機が製造されたことからもわかるように、当時の水上機運用に欠かせない存在でした。 しかし当時の技術進歩はめまぐるしく、2年もあれば次々と新しい要求が出され、そしてそれを叶えることができる力も身につけていました。
航空機/飛行艇

二式飛行艇/川西 H8K

「九七式飛行艇」が誕生した結果、海軍は更に強力な飛行艇の開発を決定。 「九七式飛行艇」を完成させた川西航空機に再び製作を命じます。 しかし一から製作するにはすでに開戦までに時間がないことがわかっていたので、基本設計は「九七式飛行艇」に基づいた、更新機としての開発となりました。
航空機/飛行艇

九七式飛行艇/川西 H6K

「ワシントン海軍軍縮条約」と「ロンドン海軍軍縮条約」によって、世界は大規模な海軍力増強ができなくなりました。 これにより世界は(当初は)海軍力を補う目的で、制限のかけられていない航空機の開発に注力するようになります。 そしてそれからわずか10年足らずで、この航空機開発は世界中で飛躍的な進化を遂げることになります。
航空機/飛行艇

陸上哨戒機 『東海』/九州 Q1W

太平洋戦争では潜水艦に最後まで悩まされた日本。 当初は駆逐艦や海防艦を中心に対潜哨戒活動がおこなれて護衛や撃退をしてきましたが、連合国の勢力が増えるに連れて潜水艦の脅威も爆発的に増えました。 これに伴い護衛には空母から発艦する艦載機も加わるようになり、対潜哨戒活動として有名な第九三一海軍航空隊が活躍しました。
航空機/飛行艇

夜間戦闘機 『極光』/川西 P1Y2

「一式陸上攻撃機」の後継機として、中島飛行機が苦労して製作した「銀河」が誕生したのは昭和18年/1943年11月頃から。 しかし日本はすでにアメリカに明らかな劣勢を強いられ、「銀河」そのものの性能は高くとも、活躍できるシーンは多くはありませんでした。 また「銀河」に搭載されていた「誉」の慢性的な不調、熟練パイロットが全くいない状況も、「銀河」の活躍を阻害していました。
航空機/飛行艇

夜間戦闘機 『電光』/愛知 S1A

当時日本には夜間戦闘機として「二式陸上偵察機」から斜銃装備などの改造を経て誕生した「月光」を運用していました。 しかし「月光」ではどうしようもない敵が誕生するとの噂を聞きつけた海軍は、緊急にこの空飛ぶ要塞を撃退する手段を用意しなければならなくなりました。 その敵こそ、やがて日本各地を焦土にする「B-29」です。
航空機/飛行艇

夜間戦闘機 『月光』/中島 J1N

昭和12年/1937年、日本は「支那事変(日中戦争)」において渡洋爆撃を敢行しました。 まさか台湾から飛んできているとは思わない中国軍は慌てふためきました。 ちょうど世界では大型爆撃機の性能は戦闘機を振り切るという風潮があり(戦闘機無用論)、この渡洋爆撃に際しても、使用された「九六式陸上攻撃機」に追随できる戦闘機がなかったことから、「九六式陸攻」単独での攻撃でした。
航空機/飛行艇

陸上偵察機 『景雲』/空技廠 R2Y

太平洋戦争開戦前の昭和14年/1939年、海軍は陸上偵察機という存在に着目していました。 触発されたのは、のちに陸軍屈指の名機となる「一〇〇式司令部偵察機」の誕生です。 「一○○式司令部偵察機」は完成後も改良が継続的に進められましたが、初期型が誕生した時は海軍はまだ自前の陸上偵察機を保有していませんでした。
航空機/飛行艇

陸上攻撃機 『連山』/中島 G8N

日本初の四発機「深山」は、ありとあらゆる問題が噴出した結果採用されることなく計画は中止。 しかし時はすでに戦中で、大型陸上攻撃機は必ず陸上基地や艦船攻撃に重宝されるようになると考えられ、日本に未だに四発機がない事態を憂いていました。 昭和18年/1943年、海軍は「深山」で失敗はしたものの、ノウハウを得ている中島飛行機に再び四発機の製作を指示。
広告