航空機/飛行艇

航空機/飛行艇

陸上攻撃機 『泰山』/三菱 G7M

「一式陸攻」の生産が始まった昭和14年/1939年、同時に海軍は次の一手として「十六試陸上攻撃機(泰山)」の開発を三菱に命令しました。 しかしその内容は時速556km/h・航続距離7,400kmという馬鹿げた数字で、しかもそれを双発機で実現しろというものでした。 さらに急降下爆撃可能や防弾ゴム皮膜といった嬉しくないオプションもついてきて、三菱は早々に「四発機でないと無理です」とさじを投げています。
航空機/飛行艇

陸上攻撃機 『深山』/中島 G5N

1930年代から世界各国の航空機は目覚ましい発展を遂げ、特に大型の航空機の開発が活発になってきました。 日本は「ロンドン海軍軍縮会議」によって保有に制限がかけられた空母の代替として、陸上から長航続距離を持って敵艦船などを攻撃するための、全く新しい陸上攻撃機の開発に取り組み始めます。 それが「九六式陸上攻撃機」であり、そしてその後に製造される「一式陸上攻撃機」です。
航空機/飛行艇

一式陸上攻撃機/三菱 G4M

「九六式陸上攻撃機」が誕生し、「第二次上海事変」において果敢に渡洋攻撃を繰り出していた昭和12年/1937年。 海軍は優秀な性能にも関わらず高い損耗率を出している「九六式陸攻」の後継機をすぐにでも用意すべきだと慌てていました。 戦闘機は後ほど「零式艦上戦闘機」が誕生して事なきを得るのですが、しかし旧式の複葉戦闘機にも撃墜される脆弱性は見過ごすことはできません。
航空機/飛行艇

九六式陸上攻撃機/三菱 G3M

「ワシントン海軍軍縮条約」及び「ロンドン海軍軍縮会議」によって、世界の海軍兵力は決められた制限内での増強を強いられることになりますが、その中で急速に脅威となっていたのが空母です。 戦艦や巡洋艦は自前の砲での攻撃ですが、空母の艦載機はそこから飛び立つ数々の航空機がそれぞれ自由に攻撃することができます。
航空機/飛行艇

遠距離爆撃機 『富嶽』/中島 G10N

昭和17年/1942年9月、「ミッドウェー海戦」で慢心により4隻の貴重な空母を失った日本に、1つの朗報が入ってきました。 【伊29】に搭載された「零式小型水上機」が、計画通りアメリカ西海岸オレゴン州の森林に計2回の爆撃を行いました。 被害はほとんどありませんでしたが、この結果は日本に様々な可能性をもたらしました。
航空機/飛行艇

陸上爆撃機 『銀河』/空技廠 P1Y

昭和14年/1939年当時、帝国海軍の陸上攻撃機は「九六式陸上攻撃機」が主力。 またその後継機として昭和12年/1937年から「一式陸上攻撃機」の開発が進められており、その性能も概ね良好でした。 しかしすでに開戦していた第二次世界大戦の情勢から、海軍は欧州で飛び回っている大型の急降下爆撃機を配備すべきだという意見が多数を占めるようになりました。
航空機/飛行艇

噴式戦闘爆撃機 『橘花』/中島 Kikka

昭和19年/1944年、日本はアリューシャン諸島を奪い返され、南方諸島も次々と失陥。 6月には「マリアナ沖海戦」において日本の救世主として期待された【大鳳】を始め、【翔鶴・飛鷹】を失った挙句敵に痛打を与えることすらできずに大敗北。 航空戦だった太平洋戦争において、主力の空母を3隻失った「マリアナ沖海戦」の勝敗は戦争そのものの勝敗と直結していました。
航空機/飛行艇

ロケット戦闘機 『秋水』/三菱 J8M・キ200

昭和19年/1944年、日本はアリューシャン諸島を奪い返され、南方諸島も次々と失陥。 6月には「マリアナ沖海戦」において日本の救世主として期待された【大鳳】を始め、【翔鶴・飛鷹】を失った挙句敵に痛打を与えることすらできずに大敗北。 航空戦だった太平洋戦争において、主力の空母を3隻失った「マリアナ沖海戦」の勝敗は戦争そのものの勝敗と直結していました。
航空機/飛行艇

局地戦闘機 『震電』/九州 J7W

昭和18年/1943年、太平洋戦争が開戦してから1年以上経過するにも関わらず、日本の戦闘機は未だに「零戦」が主力であり、さらに後継機「烈風」の開発は行っていたもののその投入の目処は以前立たないままでした。 海軍航空技術廠の鶴野正敬大尉は、現状打破のための革命的な機体を開発する必要があると独自で研究を重ねていました。 その革命的な機体とは、「前翼型飛行機」。
航空機/飛行艇

艦上戦闘機 『烈風』/三菱 A7M

世紀の大傑作機「零式艦上戦闘機」が昭和15年/1940年に誕生してから数ヶ月もしないうちに、海軍は手を緩めず次世代の戦闘機の開発を推し進めます。 戦争で使われる兵器は抜きつ抜かれつのせめぎ合いです。 こちらが新しい一手を出すと同時に、次に相手が繰り出す武器を潰す手段を用意しなければなりません。 海軍は「零戦」を生み出した三菱重工業に「十六試艦上戦闘機」の開発を指示します。
広告