榎【橘型駆逐艦 十二番艦】

広告
広告

起工日昭和19年/1944年10月14日
進水日昭和20年/1945年1月27日
竣工日昭和20年/1945年3月31日
退役日
(解体)
昭和23年/1948年7月1日

建 造舞鶴海軍工廠
基準排水量1,289t
垂線間長92.15m
全 幅9.35m
最大速度27.3ノット
航続距離18ノット:3,500海里
馬 力19,000馬力
主 砲40口径12.7cm連装高角砲 1基2門
40口径12.7cm単装高角砲 1基1門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 1基4門
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺
25mm単装機銃 12基12挺
缶・主機ロ号艦本式缶 2基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

※松型・橘型の艦の順序は基準によって異なります。


【榎】は竣工後に第十一水雷戦隊に合流するため、舞鶴から呉へと向かいます。
しかし呉に到着してから1ヶ月半、空襲や機雷投下の危険性が日毎に増していく中、第十一水雷戦隊は呉から避難し、一路舞鶴へと向かうことになりました。

生まれた故郷へたった2ヶ月足らずで戻ることになった【榎】ですが、5月27日、舞鶴に到着すると思いもよらない対応をされてしまいます。
このように大勢来られては舞鶴も危険になる、という理由で、第十一水雷戦隊の入港が拒否されたのです。
仕方なく【榎】らは福井の小浜湾へと移動し、そこで待機することになりました。

6月26日、小浜にいた【榎】は湾内に入ったところで突然大きな衝撃に襲われます。
アメリカが撒いた機雷に触れてしまったのです。
この被害は甚大で、至急曳航されましたが傾斜32度、艦尾着底、船体も大半が水に浸かるという、ほぼ沈没に近い状態でした。
当然動くことはできず、終戦後、【榎】は3年ほど放置されたのち、昭和23年/1948年に解体されました。