初櫻【橘型駆逐艦 八番艦】

広告
広告

起工日昭和19年/1944年12月14日
進水日昭和20年/1945年2月10日
竣工日昭和20年/1945年5月28日
退役日
(解体)
昭和34年/1959年2月19日以降

建 造横須賀海軍工廠
基準排水量1,289t
垂線間長92.15m
全 幅9.35m
最大速度27.3ノット
航続距離18ノット:3,500海里
馬 力19,000馬力
主 砲40口径12.7cm連装高角砲 1基2門
40口径12.7cm単装高角砲 1基1門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 1基4門
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺
25mm単装機銃 12基12挺
缶・主機ロ号艦本式缶 2基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

※松型・橘型の艦の順序は基準によって異なります。

出典:『極秘 日本海軍艦艇図面全集 第一巻解説』潮書房

【初櫻】は竣工後に第十一水雷戦隊に配属となりますが、姉たちのように瀬戸内へ向かうことはなく、命令あるまで横須賀で待機となっていました。
そして6月4日、主機損傷によって航行ができずに横須賀に残っていた【潮】とともに横須賀鎮守府部隊へ編入されます。
しかし【初櫻】はついに命令を受けることなく、そのまま太平洋戦争は終結しました。

8月27日、【初櫻】は連合国の艦隊との会合に用いられました。
その後、昭和22年/1947年まで【初櫻】は復員輸送に従事し、7月5日にソ連へ賠償艦として引き渡されることになりました。
ソ連では新たに『ヴェートレンヌイ』という名を拝命し、「艦隊水雷艇(駆逐艦)」としてソ連海軍に編入されます。
8月にウラジオストクへ回航され、そして10月には名を『ヴィラジーテリヌィイ』へ改称しました。

しかしその後は港に繋留される日々が大半を占め、そして昭和24年/1949年3月には標的艦へと種別を変更、名前も『TsL-26』(第26号標的艦)となりました。
昭和26年/1951年から53年は中期修理を受けることになり、完了後には標準的な標的艦へとグレードが上がっていました。
そして昭和34年/1959年まで使用された『TsL-26』は、2月19日に退役し、「橘型」としてはかなり長かった寿命に幕を下ろしました。