楠【橘型駆逐艦 七番艦】

広告
広告

起工日昭和19年/1944年11月9日
進水日昭和20年/1945年1月8日
竣工日昭和20年/1945年4月28日
退役日
(引渡)
昭和22年/1947年7月16日

建 造横須賀海軍工廠
基準排水量1,289t
垂線間長92.15m
全 幅9.35m
最大速度27.8ノット
航続距離18ノット:3,500海里
馬 力19,000馬力
主 砲40口径12.7cm連装高角砲 1基2門
40口径12.7cm単装高角砲 1基1門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 1基4門
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺
25mm単装機銃 12基12挺
缶・主機ロ号艦本式缶 2基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

※橘型の艦の順序は一部曖昧なところもあり、別番号の表記が見受けられることがあります。


【楠】は竣工後に缶に不具合があることが判明し、第十一水雷戦隊として瀬戸内へ向かったのはその修理が終わったあとでした。
道中立ち寄った大阪港には、先に竣工して横須賀を発っていた【柿】がいました。
この2隻は3月に横須賀を出発して瀬戸内海を目指していたのですが、道中で【柿】の缶が爆発するという事件が発生。
同行していた【萩】に曳航され、やむなく大阪の藤永田造船所で修理を行っていたのです。

5月11日、【楠】は大阪港で初めての対空戦を行いますが、なんとか被害を抑えることができました。
そして修復が終わった【柿】とともに瀬戸内海へと向かいました。
しかし到着して2週間もしないうちに、第十一水雷戦隊は敵襲から逃れるために瀬戸内海を離れ、日本海側の舞鶴を目指すことになります。
そして27日、第十一水雷戦隊は予定通り舞鶴へと到着しました。

しかし、【楠】たちはその退避先では快く迎え入れられませんでした。
第十一水雷戦隊が危険から逃れてきたのと同じく、舞鶴もまた、戦闘の火種となりうる戦隊の受け入れに難色を示したのです。
結局舞鶴は第十一水雷戦隊の入港を拒否し、【楠】たちは数日待機ののち、福井の小浜港へと移動することになりました。

7月15日、【楠】は特殊警備艦となり、そして23日にはふたたび舞鶴へと戻ります。
そしてそのまま、8月15日の終戦を迎えました。
戦後は復員船として必死に働き、昭和22年/1947年7月16日に賠償艦としてイギリスへ引き渡されました。