雄竹【橘型駆逐艦 十三番艦】

広告
広告

起工日昭和19年/1944年11月5日
進水日昭和20年/1945年3月10日
竣工日昭和20年/1945年5月15日
退役日
(処分)
昭和22年/1947年9月17日

建 造舞鶴海軍工廠
基準排水量1,289t
垂線間長92.15m
全 幅9.35m
最大速度27.8ノット
航続距離18ノット:3,500海里
馬 力19,000馬力
主 砲40口径12.7cm連装高角砲 1基2門
40口径12.7cm単装高角砲 1基1門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 1基4門
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺
25mm単装機銃 12基12挺
缶・主機ロ号艦本式缶 2基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

※橘型の艦の順序は一部曖昧なところもあり、別番号の表記が見受けられることがあります。


【雄竹】は竣工後にタービンの空気漏れが見つかり、動き始めたのは竣工日の2日後である5月17日からでした。
本来なら第十一水雷戦隊に合流するために呉へと向かうのですが、その呉は現在アメリカの大きな攻撃目標となっており、大変危険な状態でした。
【雄竹】はひとまず舞鶴で1隻だけの訓練を行っていました。

やがて、呉にいた第十一水雷戦隊が、避難のために舞鶴へやってくるという報を受けます。
事のついでと【雄竹】はこの機会に第十一水雷戦隊に合流するのですが、舞鶴からはその第十一水雷戦隊の入港を拒否されてしまいます。
呉の火種を舞鶴まで持ち込まないでくれ、という言い分により、【雄竹】はじめ第十一水雷戦隊は仕方なく隣の福井にある小浜港へと身を移すことにしました。

7月15日には特殊警備艦となって舞鶴へ戻ることができたのですが、この時に【雄竹】にできることは何一つありませんでした。
終戦後は復員輸送に従事したのち、昭和22年/1947年7月4日にアメリカへ引き渡され、9月17日に標的艦として処分されました。