沖風【峯風型駆逐艦 三番艦】

広告
広告

起工日大正8年/1919年2月22日
進水日大正8年/1919年10月3日
竣工日大正9年/1920年8月17日
退役日
(沈没)
昭和18年/1943年1月10日
勝浦付近
建 造舞鶴海軍工廠
基準排水量1,251t
垂線間長97.54m
全 幅8.92m
最大速度39.0ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 4基4門
魚 雷53.3cm連装魚雷発射管 3基6門
機 銃6.5mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
三菱パーソンス式ギアード・タービン 2基2軸

【沖風】【峯風】ら第二駆逐隊のメンバーとともに、「トンボ釣り」を行います。
一方で第二駆逐隊は航空隊の対潜哨戒訓練にも協力していたようで、浮標を駆逐艦が引っ張ってその数を空から数えると言った訓練もありました。

「上海事変」が終わると、【沖風】は大湊鎮守府へ移り、室蘭や津軽海峡の哨戒活動を行いました。
昭和13年/1938年には一時的に武装を撤去しているようですが、対米関係が劣悪になった昭和16年/1941年に撤去した武装を再度設置。
その後、太平洋戦争が開戦すると【沖風】は横須賀鎮守府へ転属、今度は東京近海の哨戒活動や船団護衛、対潜掃討活動を続けていました。

1943年1月10日、【沖風】はいつもどおり対潜掃討に従事していましたが、房総半島周辺で活動しているところを【米ガトー級潜水艦 トリガー】に発見されてしまいます。
対潜哨戒任務を請け負っているとはいえ、装備はほとんど整っていません。
約1,500mの距離で放たれた魚雷は3本中に2本が【沖風】に直撃。
哀れ【沖風】は敵の存在に気付くことなく沈没。
【沖風】は日本近海や中国方面以外の海域に出ることがありませんでした。

2021年06月13日 加筆修正