友鶴事件

広告
広告

【友鶴事件】とは、海軍艦艇の復原力に重大な欠陥があることが露呈した、【千鳥型水雷艇 友鶴】の予期せぬ転覆事故である。
【第四艦隊事件】とともに、以後の艦艇建造に多大な影響を与えた。

1934年3月12日、【友鶴】は佐世保警備戦隊旗艦【龍田】の下、悪天候だったが【千鳥・真鶴】と共に夜間演習の最中であった。
しかし天候は悪化の一途を辿ったため、演習は中止となり、全艦佐世保へ帰港することなった。

その最中、午前4時頃に突然【友鶴】の姿が消え、【龍田】らは佐世保へ一旦帰港した後、捜索に出る。
やがて転覆している【友鶴】を発見し、【龍田】【友鶴】を曳航して佐世保へ再び向かった。
【友鶴】はひっくり返ったままの曳航で、この時点では生存者がいることこそ確認できたものの、救助はできなかった。
最終的に佐世保の乾ドックで生存者は救出されたが、113名の乗員の中で生き残ったのはわずか13名だけだった。

この一大事に原因究明が急がれたが、判明したのは明らかな復原力不足であった。
当初「千鳥型」は90~110度ほどの傾斜でも復原できるとされていたが、【友鶴】はその半分にも満たないおよそ40度の傾斜から転覆したことがわかった。

当時各国は「ロンドン海軍軍縮条約」の影響であらゆる艦艇の保有制限がかけられていた。
しかし「水雷艇」はこの影響を受けなかったため、日本は重武装の水雷艇を建造することで駆逐艦の補完戦力として扱おうと考えたのである。
その結果、「千鳥型」は小さな船体に不釣り合いな12.7cm砲を3門搭載した水雷艇として建造された。

トップヘビーとなった「千鳥型」は復原力が犠牲となり、このような事件を引き起こすに至る。
(現代の復原性研究ではこれ以外の要因も指摘されているが、当時トップヘビー以外の要因として挙がったのは操艦の問題ぐらいであった。)
この事件の結果、全ての艦艇の復原力の見直しが急務となり、特に「千鳥型」と同じ思惑で建造が進んでいた「初春型」は真っ先に調査が入り、そして再設計や改造が行われた。
竣工済みの艦艇には、武装や構造物の軽量化、バルジ取り付けなどによる重心低下対策が進められている。

一方、海軍の要求で結果的にこのような艦艇を多数設計した艦政本部の藤本喜久雄造船少将は、この事件の責任を取らされる形で謹慎処分を課され、翌年にわずか47歳で脳溢血によって死去している。

しかし海軍の不幸はこれだけに留まらず、翌1935年には【第四艦隊事件】が発生し、今度は新鋭艦の強度不足が露呈する。
この2つの衝撃的な事件により、帝国海軍は特に小型艦艇において光の見えないトンネルでもがくことになる。