【呂三十三型潜水艦】(海中六型)

広告
広告

基準排水量700t
水中排水量1,200t
一番艦竣工日呂号第三十三潜水艦
昭和10年/1935年10月7日
同型艦2隻
全 長73.00m
最大幅6.70m
主 機艦本式21号8型ディーゼル 2基2軸
最大速度水上 19.0ノット
水中 8.2ノット
航続距離水上 12ノット:8,000海里
水中 3.5ノット:90海里
馬 力水上 2,900馬力
水中 1,200馬力

装 備 一 覧

備 砲40口径7.6cm単装砲 1基1門
13mm機銃 1挺
魚雷/その他兵装艦首:53cm魚雷発射管 4門
搭載魚雷 10本
広告



ロンドン海軍軍縮条約が生んだ二等潜水艦 小型長距離の海中六型

大正11年/1922年、日本は「ワシントン海軍軍縮条約」によって主力艦の建造が大幅に制限されてしまいます。
この時潜水艦は制限の対象外でしたが、しかし主力艦が造れなくなるとなると、制限のない船をできるだけ強力にするしかありません。
この影響で潜水艦の比重は一気に一等潜水艦へと傾き、二等潜水艦は「特中型、L三型」を最後に全く建造されなくなってしまいました。

しかし昭和5年/1930年、「ロンドン海軍軍縮条約」で今度は潜水艦にも保有制限がかけられました。
当時は戦力としてはまだ沿岸警備程度だった潜水艦は、この時すでに艦隊随伴、またはとんでもない距離で活躍できる海の忍者となっていました。
航空母艦と共に、この数年で潜水艦の活躍の場は無限大になったのです。

この条約締結に伴い、潜水艦は再び方向転換を迫られます。
潜水艦1隻の最大基準排水量は2,000t、そして潜水艦全体の基準排水量の上限は52,700tとなりました。
つまり、造れる潜水艦に限りができたのです。

ここで日本は、大型の潜水艦を1隻造るぐらいなら、その排水量を2つに割って2隻の小型潜水艦を造ったほうがいいだろうという判断をして、昭和6年/1931年の「マル1計画」で再び二等潜水艦が建造されることが決まります。
また、同時に戦時急造艦の研究もこの際行われることになりました。

「海中六型」は船体面では大きな変化はなく、「海中四型、特中型」の流れを汲んだ設計となっています。
変わったのは建造されていないうちに国産化に成功していたディーゼルで、「海中型」で艦本式ディーゼルが搭載されることになりました。
艦本式21号8型ディーゼルはこれまでのズルツァー式やフィアット式のような不具合はほとんどなく、またヴィッカース式のものよりも性能が高いと大変評判でした。
このディーゼルによって馬力が3,000馬力まで増加し、速度も19ノットに達しました。
さらに航続距離も12ノット:8,000海里と中型らしくない長航続距離を誇り、「特中型」のように沿岸警備と通商破壊作戦の兼務も可能でした。
その他一等潜水艦で揃ったデータも船体設計には活かされており、上記の「海中四型、特中型」をより洗練させた設計となりました。

「海中六型」は前述の通り一部研究目的な面もあったため、建造は2隻だけでしたが、十分な成功を収めていて、この2隻で二十一潜水隊を編成しています。
太平洋戦争では主にトラックやラバウル周辺で活動しましたが、【呂33】は昭和17年/1942年9月に、【呂34】は昭和18年/1943年4月に沈没しており、いずれも満足に力を発揮することはできませんでした。

同 型 艦

呂号第三十三潜水艦呂号第三十四潜水艦