金剛型

軽巡洋艦

帝国海軍巡洋艦の進化 その1

このページは、ものすごくざっくりと帝国海軍の巡洋艦の進化を比較していくページです。 このページでは、海軍発足当初から軽巡洋艦誕生の手前までの巡洋艦の進化を紹介いたします。 この項目では戦利艦は扱いません。 また、「筑波型・鞍馬型」は最...
戦 艦

霧島【金剛型戦艦 四番艦】

初の超弩級戦艦【金剛】、初の国産超弩級戦艦【比叡】、そしてこの【霧島】は、三番艦【榛名】とともに、初の民間造船所建造の戦艦となりました。 そして【榛名】と同じ日に竣工日を迎えるなど、まさに双子として誕生した【霧島】は、実は長女たる【金剛】との類似性のほうが高いのです。
戦 艦

榛名【金剛型戦艦 三番艦】

初の超弩級戦艦【金剛】、初の国産超弩級戦艦【比叡】、そしてこの【榛名】は、四番艦【霧島】とともに、初の民間造船所建造の戦艦となりました。 主砲もここで初めて国産の35.6cm連装砲が搭載されます。 【榛名】を建造した川崎造船所と【霧島】を建造した三菱長崎造船所が、激しいライバル争いを繰り広げる事にもなりました。
戦 艦

比叡【金剛型戦艦 二番艦】

イギリスのヴィッカース社で建造されている【金剛】から遅れて10ヶ月、現地へ派遣した技術者の経験と調達した図面から、いよいよ国産の超弩級戦艦の建造の準備が始まりました。 といっても、実は材料の大半はヴィッカース社へ注文しており、純国産、とは言いづらい建造過程です。 「仮称卯号装甲巡洋艦」という名称で【比叡】の建造はスタート。
戦 艦

金剛【金剛型戦艦 一番艦】

1900年代の時点で日本で最も有名だった戦艦は、「日本海海戦」で大国ロシアのバルチック艦隊を打ち破った【敷島型戦艦 三笠】でした。しかしその【三笠】はイギリスのヴィッカース社製。世界の軍拡の波は徐々に大きくなっており、日本も将来を見据えて初めて自前で戦艦を建造します。
戦 艦

戦艦 一覧

大日本帝国海軍が保有した戦艦を紹介いたします。金剛 比叡 榛名 霧島 扶桑 山城 伊勢 日向 長門 陸奥 大和 武蔵
広告