飛龍

航空母艦

雲龍【雲龍型航空母艦 一番艦】

太平洋戦争が開戦し、予想外の快進撃を続けていた日本ですが、その勢いは「ミッドウェー海戦」で衰えてしまいます。 世界最強の機動部隊を支えた空母6隻のうち、4隻が一夜にして沈没。悪夢でした。 アメリカはすでに最新鋭の戦艦や空母の大量建造を宣言しており、日本は窮地に立たされていました。 近々運用される「米エセックス級航空母艦」に対向するため、また取り急ぎ、この4隻の穴埋めをしなければならないということで、計画・建造されたのがこの「雲龍型」です。
航空母艦

蒼龍【航空母艦】

「ワシントン海軍軍縮条約」によって、【赤城】と【加賀】が戦艦から空母へと改造されてからおよそ7年。 日本には当時、上記の2隻の他に【鳳翔】と【龍驤】の計4隻が在籍していました。 条約で決められた保有制限の81,000tからこの4隻の総基準排水量を差し引くと12,630t。 そのうちの【鳳翔】は艦齢が16年に迫っており、廃艦を予定していました。
航空母艦

航空母艦 一覧

大日本帝国海軍が保有した航空母艦を紹介いたします。鳳翔 赤城 加賀 龍驤 蒼龍 飛龍 翔鶴 瑞鶴 大鳳 信濃 雲龍 天城 葛城 千歳 千代田 飛鷹 隼鷹 祥鳳 瑞鳳 龍鳳 海鷹 大鷹 雲鷹 冲鷹 神鷹
広告