欅【松型駆逐艦 十八番艦】

広告
広告

起工日昭和19年/1944年6月22日
進水日昭和19年/1944年9月30日
竣工日昭和19年/1944年12月15日
退役日
(処分)
昭和22年/1947年10月29日

建 造横須賀海軍工廠
基準排水量1,262t
垂線間長92.15m
全 幅9.35m
最大速度27.8ノット
航続距離18ノット:3,500海里
馬 力19,000馬力
主 砲40口径12.7cm連装高角砲 1基2門
40口径12.7cm単装高角砲 1基1門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 1基4門
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺
25mm単装機銃 8基8挺
缶・主機ロ号艦本式缶 2基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



外の世界を知るのは終戦後 欅

【欅】「松型」最後の駆逐艦で、以後は「橘型(改松型)」と扱われることも多いです。
ですので、逆に「橘型」も含めた34隻すべてを「松型」と称することもあります。
(本サイトでは「松型」「橘型」を分けて掲載しております。)

【欅】は竣工後、第十一水雷戦隊で訓練を続け、3月1日に【楢】とともに第一海上護衛隊に配属されます。
3月4日には「ヒ99船団」の護衛に就く予定でしたが、これは戦況の悪化によって中止。
この護衛は、【欅】が戦中に外洋に出れる唯一のチャンスでした。

3月15日、【楢・櫻・柳・椿・橘】とともに第五三駆逐隊を編成し、4月6日からは第三一戦隊の指揮下に入ります。
5月25日には大阪警備府部隊の指揮下へと移り、活動拠点も瀬戸内海から神戸へと変更になりました。
7月15日には第十一水雷戦隊と第五三駆逐隊が解散、特殊警備艦となり、そしてそのまま1ヶ月後の終戦を迎えます。
【欅】は竣工から終戦まで、ほぼ任務を受け持つことがありませんでした。

戦後、数少ない無傷の艦艇だった【欅】は復員船として各地と日本を往復します。
昭和22年/1947年7月にアメリカへ賠償艦として引き渡されますが、10月29日に房総半島の近くで海没処分されました。