椎【橘型駆逐艦 十一番艦】

広告
広告

起工日昭和19年/1944年9月18日
進水日昭和20年/1945年1月13日
竣工日昭和20年/1945年3月13日
退役日
(解体)
昭和34年/1959年11月以降

建 造舞鶴海軍工廠
基準排水量1,289t
垂線間長92.15m
全 幅9.35m
最大速度27.8ノット
航続距離18ノット:3,500海里
馬 力19,000馬力
主 砲40口径12.7cm連装高角砲 1基2門
40口径12.7cm単装高角砲 1基1門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 1基4門
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺
25mm単装機銃 12基12挺
缶・主機ロ号艦本式缶 2基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

※橘型の艦の順序は一部曖昧なところもあり、別番号の表記が見受けられることがあります。

広告



たった半年で多くの不運に見舞われた椎

【椎】は舞鶴で竣工後、第十一水雷戦隊に合流するために呉へと向かう予定でした。
しかし竣工時からモーターに不具合を抱えており、また呉や日本近海の空襲もあって、無理をせずに修復後に改めて出港となります。
途中、補給のために徳山へ立ち寄り、重油を補充してもらいました。
ところがこの重油の精製が粗く、中には塵などの細かいゴミがたくさん含まれていました。
このままでは効率が悪いだけはなく、最悪機器にも影響が出てしまいます。
仕方なく重油を一度全て組み上げ、清掃の上改めて綺麗な重油を補給することになってしまいます。

このようにトラブルが続いた【椎】でしたが、3月26日にようやく呉へ到着。
第十一水雷戦隊の下で訓練を始めることになります。
ところが未だ戦闘部隊には配属されていない【椎】は、近々に迫った「天一号作戦」のために第二艦隊に所属することになります。
当時はもう戦闘を行える船は数えるほどしかなく、動く船をとにかく揃えろ、という意図があったのかもしれません。
しかし当然ながら【椎】は戦闘用の駆逐艦でもありませんし、なによりまだ誕生して半月の赤ん坊です。
あまりにも経験がないため、やはり作戦からは除外されています。

5月20日、【椎】は第三一戦隊、第四三駆逐隊に編入はされますが、行われることは今までと変わらず、基本的には待機、燃料が融通された時は訓練、というものでした。

6月5日にはアメリカに敷設された機雷に触雷し、主機をはじめ大きな損傷を負ってしまい鮮烈から離れてしまいました。
そしてこの機会に、同時に「回天搭載艦」としての改造も施されることになってしまいます。
さらに運が悪いことに、6月22日には呉への大規模な空襲が発生。
主機が修理中の【椎】は身動きが取れず、祈る思いで空襲が去るのを待ち続けました。
不幸中の幸いというか、今回のアメリカの狙いは船ではなく施設だったため、【椎】のいるドックは標的とはならず、【椎】にも被害はありませんでした。

しかし続く7月2日の空襲も含めて呉は市街地を含めて壊滅。
生き残っているドックだけが動き続けていました。
【椎】は引き続き「回天」を載せる工事を続けます。
工事を終えた【椎】は訓練が行われている平生へ向かいましたが、7月24日にはその平生にまたも空襲があり、ここで【椎】は戦隊の被害は軽微なれど二人の戦死者を出してしまいます。

これが【椎】の最後の戦闘となり、このあと呉で擬装繋留された【椎】はそのまま終戦を迎えました。
終戦後は復員輸送をおよそ20回行ったと記録され、その後昭和22年/1947年7月5日、ナホトカでソ連へ賠償艦として引き渡されました。

ソ連では名を『ヴォーリヌイ』と改められ、艦隊水雷艇(駆逐隊)として所属しますが、特に艦隊水雷艇としての活躍はなく、昭和24年/1949年3月には標的艦へ格下げされます。
名前は『TsL-24』に変更され、こちらでは昭和34年/1959年まで訓練の際に貢献することができました。
そして昭和34年/1959年11月、『TsL-24』は除籍され、その後解体されています。