鈴谷【最上型重巡洋艦 三番艦】

広告
広告


①昭和12年/1937年(竣工時)
②昭和14年/1939年(改装完了後)

起工日昭和8年/1933年12月11日
進水日昭和9年/1934年11月20日
竣工日昭和12年/1937年10月31日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年10月25日
(レイテ沖海戦)
建 造横須賀海軍工廠
基準排水量① 8,500t
② 12,000t
全 長① 200.60m

水線下幅① 20.20m

最大速度① 35.0ノット
② 34.7ノット
航続距離① 14ノット:8,000海里
② 14ノット:8,000海里
馬 力① 152,000馬力
② 152,432馬力

装 備 一 覧

昭和12年/1937年(竣工時)
主 砲60口径15.5cm三連装砲 5基15門
備砲・機銃40口径12.7cm連装高角砲 4基8門
25mm連装機銃 4基8挺
13mm連装機銃 2基4挺
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 4基12門(水上)
缶・主機ロ号艦本式ボイラー 重油8基
艦本式ギアードタービン 4基4軸
その他
水上機 3機
昭和14年/1939年(改装)
主 砲50口径20.3cm連装砲 5基10門
備砲・機銃40口径12.7cm連装高角砲 4基8門
25mm連装機銃 4基8挺
13mm連装機銃 2基4挺
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 4基12門(水上)
缶・主機ロ号艦本式ボイラー 重油8基
艦本式ギアードタービン 4基4軸
その他
水上機 3機
広告



人に優しい名艦長のもと、誠実な行動を 鈴谷

「友鶴事件」、そして「第四艦隊事件」と、相次いで船体設計の不備が発覚する中、「最上型」の三番艦【鈴谷】はこれらの問題を解消した上で建造されることになります。
そのため、【最上】【三隈】とは設計が異なり、「改最上型」「鈴谷型」と分類されることもあります。

ボイラーが大型8基、小型2基の予定だったものを、大型8基にしぼり、その結果煙突を少し細くしています。
その他船体強度の強化に努め、排水量は姉二人よりも小さくなりました。

出典:『軍艦雑記帳 上下艦』タミヤ

出典:『極秘 日本海軍艦艇図面全集』

【鈴谷】は戦時中の戦果は殆ど目立たず、また他の姉妹艦3隻と違って壮絶な運命を辿ったわけでもありません。
一言で言えば地味な重巡洋艦です。
エピソードをあげるとすれば、2年間【鈴谷】の艦長を務めた木村昌福大佐の下での生き様ではないでしょうか。

【鈴谷】は昭和17年/1942年4月、【熊野】らとともにベンガル湾を航行する連合軍側の商船を攻撃する、通商破壊作戦に参加します。
この際、【鈴谷】は輸送船を攻撃し、とどめの攻撃を仕掛けようとしていました。
輸送船からは乗員が必死になって離脱しようとしています。
そこで木村艦長は機銃指揮官へ「撃っちゃあいかんぞぉ!」と大声で攻撃を制止、無事乗員が脱出後、輸送船へ攻撃をして船を沈めています。

戦争は殺し合いではなく、国際条約でも細かな取り決めがあります。
この人道的配慮は条約に基づいたものではありませんが、木村艦長の人柄がよくわかる作戦でした。

「ミッドウェー海戦」では、日本の機動部隊は壊滅し、当初予定していたミッドウェー島への攻撃も道中で撤回。
【鈴谷】属する第七戦隊は、第二艦隊へと合流するために引き返しますが、その最中、米潜水艦の電波を探知します。
旗艦【熊野】は慌てて「緊急左45度一斉回頭」を命令しますが、続けざまに2度発令されたこの指示を、【鈴谷】は45度なのか90度なのか判断しかねます。
そうこうしているうちに【熊野】は90度分の回頭を始め、結局2回発令されていたことを知った【鈴谷】も急いで回頭します。

しかしこのままでは【熊野】と衝突してしまう恐れがあり、【鈴谷】は面舵をきり、隊列から抜け出すことにしました。
ところが【最上、三隈】も相次いで目の前で起こった不可解な動きに事態に面食らい、最終的に最後尾の【最上】【三隈】に突っ込むという大事故が発生してしまいました。

栗田司令官【最上】の護衛に【三隈・朝潮・荒潮】をつけ、【熊野、鈴谷】はそのまま航行を続けることにします。

※以下の話は【鈴谷】の乗員の1人の証言だけのもので、救助された【三隈】乗員の証言や公式文書には認められていません。


木村艦長は、【熊野】へ向けて突如「我機関故障」と告げ、随伴を断念、【熊野】は単艦で引き続き航行することになりました。
しかしもちろん機関故障はウソ、【鈴谷】は反転し、【三隈】の救助に向かいます。
海上には艦首がボロボロになった【最上】と、米軍の空襲によって破壊しつくされた【三隈】がいました。
【鈴谷】は生き残った【三隈】の乗員を救助し、最後は【三隈】を雷撃処分、その後再び第二艦隊へ合流するために洋上を進んだと言われています。

「南太平洋海戦」では、戦闘中に魚雷の集中攻撃を受けます。
7本もの魚雷を回避する神業を披露しますが、ついに魚雷の挟み撃ちにあい、回避は不可能という事態に陥ります。

そこで木村艦長「真っすぐいけ」と命令し、あえて回避行動をとらずに突っ込むように言いました。
どうせ回避できないのだし、あとでこの件を問いだたされても、「艦長の命令に従ったまで」と言って逃げることができるだろう、という木村艦長の配慮でした。
彼のこの心遣いを天は見ていたのか、【鈴谷】に襲いかかっていた魚雷は1本が途中で爆発、もう1本も深く潜りすぎて【鈴谷】の下をくぐっていき、無事に【鈴谷】は生還しています。

昭和19年/1944年6月30日 あ号作戦後と竣工時の対空兵装比較
高角砲40口径12.7cm連装高角砲 4基8門(±0)
機 銃25mm三連装機銃 8基24挺(+8基)
25mm連装機銃 4基8挺(±0)
25mm単装機銃 18基18挺(+18基)
13mm単装機銃 全撤去
電 探21号対空電探 1基(+1基)
22号水上電探 2基(+2基)
13号対空電探 1基(+1基)

「レイテ沖海戦」に参加した【鈴谷】は、戦闘中に至近弾により燃料タンクが浸水します。
この影響で速度が23ノットほどまで低下しますが、【鈴谷】はそのまま戦闘を続行。
しかし再び至近弾の被害を受け、今度は魚雷発射管付近から火の手があがりました。
当然その近くには魚雷があり、やがて炎は魚雷に引火、誘爆してしまいます。
空襲を受けながら右舷に傾いた【鈴谷】は、炎が艦内の至るものに引火するという大爆発の末、沈没していきました。

鈴谷の写真を見る