香椎【香取型練習巡洋艦 三番艦】

広告
広告

起工日昭和14年/1939年10月4日
進水日昭和15年/1940年10月15日
竣工日昭和16年/1941年7月15日
退役日
(解体)
昭和20年/1945年1月12日
キノン湾沖
建 造三菱横浜造船所
基準排水量5,890t
全 長133.50m
垂線間幅15.95m
最大速度18.0ノット
航続距離12ノット:7,000海里
馬 力8,000馬力

装 備 一 覧

昭和16年/1941年(竣工時)
主 砲50口径14cm連装砲 2基4門
備砲・機銃40口径12.7cm連装高角砲 1基2門
25mm連装機銃 2基4挺
魚 雷53.3cm連装魚雷発射管 2基4門
缶・主機ホ号艦本式ボイラー 3基
艦本式ギアードタービン 2基/
艦本式22号10型ディーゼルタービン 2基2軸
その他
水上機 1機
広告



教壇に立つことなく、弱小ながら戦力として戦争に参加 香椎

三番艦【香椎】は、姉二人と比べると1年以上遅く竣工し、開戦まであと半年を切った中での登場でした。
当然練習航海に出ることもなく、【香椎】は竣工早々南遣艦隊の旗艦に就任します。
まもなく旗艦の座は開戦のために臨時で編入された【鳥海】へと移り(この時東南アジア侵攻のために第七戦隊や水雷戦隊なども助っ人として参加)、南遣艦隊は開戦時には重巡から水上機母艦、工作艦などが入り乱れる艦隊となりますが、【香椎】はその中で船団護衛を主に任されます。

当初は順調に各地を占領していた日本ですが、「ミッドウェー海戦」を境に戦況は一転、徐々に米軍に追い詰められていきます。
すでに南遣艦隊を退いていた【香椎】は、昭和19年/1944年に海上護衛総隊へ編入され、第101戦隊旗艦となって船団護衛を行います。
しかし昭和19年/1944年は日本の輸送船団が米軍の格好の的となっており、各地で空襲や被雷による沈没が多発していました。
【香椎】もその被害から逃れることができず、「ヒ86船団」を護衛中に空襲にあって沈没してしまいます。

爆弾5発、魚雷2発もの攻撃を、防御力の弱い練習巡洋艦が耐えきれるわけがありませんでした。
南遣艦隊後にほんの少しだけ練習艦の時期があったものの、【香椎】【香取】と同じく、求められていた役割を果たすことができずに沈んでしまいました。

昭和19年/1944年8月20日 あ号作戦後と竣工時の対空兵装比較
高角砲40口径12.7cm連装高角砲 3基6門(+2基)
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺(+4基)
25mm連装機銃 4基8挺(+2基)
25mm単装機銃 10基10挺(+10基)
13mm単装機銃 8基8挺(+8基)
電 探22号水上電探 1基(+1基)


沈没していく【香椎】


香椎の写真を見る