レイテ沖海戦

重巡洋艦

那智【妙高型重巡洋艦 二番艦】

【那智】は「妙高型重巡洋艦」のニ番艦、やはり世界で最も強力な重巡洋艦として建造が始まりました。 しかし【那智】はことさら急いで建造されることになります。 なぜなら、昭和3年/1928年12月に行われる「御大礼特別観艦式」に、この【那智】が参加することが決まっていたからです。
重巡洋艦

妙高【妙高型重巡洋艦 一番艦】

「古鷹型」と「青葉型」を相次いで建造した日本ですが、もちろん米英が対抗して大型巡洋艦の建造に踏み切ることは予測していました。 なので、日本もこの4隻で満足せず、より強力で大型な巡洋艦の建造へと移ります。 そこで生み出されたのが、【妙高】をはじめとする「妙高型重巡洋艦」です。 【妙高】はなんといっても火力重視の重巡で、これまでの6門から一気に10門まで主砲数を増やしています。
重巡洋艦

青葉【青葉型重巡洋艦 一番艦】

本来「青葉型」の【青葉】と【衣笠】は「古鷹型」の3番艦、4番艦となるはずでした。 しかし人力装填という欠点があったことから、この3番艦、4番艦を再設計することでより強化させることになります。 基本設計は「古鷹型」と同様ですが、当然主砲は「古鷹型」の人力単装砲から機力連装砲である20cm連装砲へ強化。
航空母艦

千代田【千歳型航空母艦 二番艦】

【千歳・千代田】はもともと水上機母艦兼高速給油艦として建造されていましたが、【祥鳳・瑞鳳・大鯨】とは違い、最終的な空母化というのは設計時には検討されていなかったという説が有力です。<br> ですが一方で飛行甲板の強度試験用に艦中央部には高いテーブル上の天蓋が設けられており、この2隻は少し珍しい形をしていました。
航空母艦

千歳【千歳型航空母艦 一番艦】

【千歳、千代田】はもともと水上機母艦兼高速給油艦として建造されていましたが、【祥鳳、瑞鳳、大鯨】とは違い、最終的な空母化というのは設計時には検討されていなかったという説が有力です。 ですが一方で飛行甲板の強度試験用に艦中央部には高いテーブル上の天蓋が設けられており、この2隻は少し珍しい形をしていました。
航空母艦

瑞鳳【祥鳳(瑞鳳)型航空母艦】

【瑞鳳】は元は【剣埼型高速給油艦 高崎】であり、「ワシントン海軍軍縮条約・ロンドン海軍軍縮会議」の空母保有制限の対策として建造されました。 空母自体は建造できませんが、空母に似たものを造ることはできたため、日本は3ヶ月ほどの時間があれば空母に改装できる船を建造することにしました。 その候補は【剣埼型高速給油艦 剣埼・高崎】
航空母艦

瑞鶴【翔鶴型航空母艦 二番艦】

【瑞鶴】は、【翔鶴】と同じく日本の空母の完成形として建造された空母です。 「めでたい」という意味の「瑞」と、長寿の象徴である「鶴」を名に持つ【瑞鶴】は、その名の通り非常に幸運な艦でした。 通常、艦艇の建造は大掛かりゆえ、どうしても死傷者が発生してしまうものでした。 しかしこの【瑞鶴】は3年余りの工期の間、工期を短縮したにも関わらず、ただの一人も殉職者を出すことなく竣工しており、建造当初から幸運の片鱗がありました
戦 艦

武蔵【大和型戦艦 二番艦】

【武蔵】は、建造中に【大和】で発生した不具合等の修正を行いつつ、三菱長崎造船所で建造されました。 しかしこの三菱長崎造船所での【武蔵】隠蔽の取り組みは凄まじく、少しでもドックを眺めていたら警察にしょっぴかれたり、米英両領事館からドックが見えるため、ドックと領事館の間に目隠しとして倉庫を建設したり、他にもドックが見える高台にあるグラバー邸や香港上海銀行長崎支店を三菱重工業が買い取るなど、とにかく徹底していました。
戦 艦

大和【大和型戦艦 一番艦】

昭和9年/1934年、日本は米英との海軍戦力差を埋めることを阻害している「ロンドン海軍軍縮会議」が昭和12年/1937年に失効されることから、その後米英がそれに合わせて更に強力な戦艦を建造することは間違いないとし、それに対抗すべく最大級の戦艦の建造を計画しました。 それが、今や国民の誰もが知る、世界最大の戦艦【大和】です。 日本は当時最新の「長門型」を除くと、のきなみ艦齢が20年を超えている戦艦ばかりでした。
戦 艦

長門【長門型戦艦 一番艦】

多数の欠陥に頭を悩まされるも、戦艦を建造するスキルを身につけた日本は、いよいよ本格的に軍艦の増備を行います。 【長門】は、明治40年/1907年に立ち上がった「八八艦隊計画」の一隻として、大正9年/1920年に竣工します。 これまで世界は米英が最新鋭軍艦を建造・所持し、それに西欧が続き、さらにあとから日本が追いかける構図でした。 しかし、この【長門】の誕生は、米英をはじめ、世界を震撼させる大事件となったのです。
広告