真珠湾攻撃

航空機/飛行艇

九九式艦上爆撃機/愛知 D3A

昭和10年/1935年、日本は3隻目の正規空母【蒼龍】に搭載する爆撃機には全金属製の高性能爆撃機を検討していました。 しかし【蒼龍】は竣工が昭和12年/1937年末と、試作・改良・増産の流れから見ると残された時間はあまりありませんでした。 急場しのぎとして「九六式艦上爆撃機」(「九四式艦上爆撃機」の発動機を変更・空気抵抗の改良)を製造し始めますが、こちらは複葉機のため、時代の流れに乗りきれる存在ではありませんでした
その他の艦船

秋津洲【水上機母艦】

起工日 昭和15年/1940年10月29日 進水日 昭和16年/1941年7月25日 竣工日 昭和17年/1942年4月29日 退役日(沈没) 昭和19年/1944年9月24日コロン湾 ...
重巡洋艦

筑摩【利根型重巡洋艦 二番艦】

「改鈴谷型重巡洋艦」とも言える「伊吹型重巡洋艦」の1番艦【伊吹】の建造が始まるのですが、戦況の変化により【伊吹】は空母へ改装されることになり(しかし空母にも改装されず建造途中で解体)、【筑摩】は帝国海軍最後の重巡洋艦となりました。 書類上の分類では【高雄型重巡洋艦 鳥海】が最後ですが、【筑摩】は【利根】同様、書類上以外の全ては重巡そのものでした。
重巡洋艦

利根【利根型重巡洋艦 一番艦】

主砲は船体の前後に配備されるものでしたが、その主砲を前部へ集中させ、後部は水上機の配備・発射用の設備を整えるというものに変更。 その代わり3番、4番砲塔は最初から後ろ向きにしておきました(当然前方へ向けることもできます)。 主砲は20.3cm連装砲4基と、「最上型」より1基減りますが、その代わり水上機搭載数は6機と、「最上型」の倍(【最上】竣工時と比較)。
航空母艦

瑞鶴【翔鶴型航空母艦 二番艦】

【瑞鶴】は、【翔鶴】と同じく日本の空母の完成形として建造された空母です。 「めでたい」という意味の「瑞」と、長寿の象徴である「鶴」を名に持つ【瑞鶴】は、その名の通り非常に幸運な艦でした。 通常、艦艇の建造は大掛かりゆえ、どうしても死傷者が発生してしまうものでした。 しかしこの【瑞鶴】は3年余りの工期の間、工期を短縮したにも関わらず、ただの一人も殉職者を出すことなく竣工しており、建造当初から幸運の片鱗がありました
航空母艦

翔鶴【翔鶴型航空母艦 一番艦】

【翔鶴】は、これまでの空母とは違い、完全に軍縮条約の制約から解放された環境下で建造された空母です。 これまで建造してきた4隻の大型空母はそれぞれに長所、短所がありましたが、「翔鶴型」はそれらの経験を踏まえて建造できるはじめての本格的な空母。 帝国海軍の経験をすべて注ぎ込んだ、威信をかけた空母でした。
航空母艦

飛龍【航空母艦】

「ワシントン海軍軍縮条約」によって、【赤城】と【加賀】が戦艦から空母へと改造されてからおよそ7年。 日本には当時、上記の2隻の他に【鳳翔】と【龍驤】の計4隻が在籍していました。 条約で決められた保有制限の81,000tからこの4隻の総基準排水量を差し引くと12,630t。 そのうちの【鳳翔】は艦齢が16年に迫っており、廃艦を予定していました。
航空母艦

蒼龍【航空母艦】

「ワシントン海軍軍縮条約」によって、【赤城】と【加賀】が戦艦から空母へと改造されてからおよそ7年。 日本には当時、上記の2隻の他に【鳳翔】と【龍驤】の計4隻が在籍していました。 条約で決められた保有制限の81,000tからこの4隻の総基準排水量を差し引くと12,630t。 そのうちの【鳳翔】は艦齢が16年に迫っており、廃艦を予定していました。
航空母艦

加賀【航空母艦】

「ワシントン海軍軍縮条約」締結の影響による「八八艦隊計画」の断念により、様々な艦が廃棄、計画の廃案がなされました。 「長門型」を上回る「加賀型戦艦」として起工していた【加賀】は、二番艦【土佐】とともに廃艦が決定。 残念ながら標的艦として実験に従事した後、解体されることになりました。 しかし思いもよらぬ形で、【加賀】は「航空母艦」として生まれ変わることになります。
航空母艦

赤城【航空母艦】

帝国海軍が誇る、世界最強の第一航空戦隊の旗艦であった【赤城】は、もとは巡洋戦艦でした。 「八八艦隊計画」が「ワシントン海軍軍縮条約」や予算不足により途中断念となり、様々な艦が廃棄・廃案になりました。 【赤城】は、先に完成していた【長門】よりも大きく、【長門】よりも砲門数が多く、【長門】よりも速く、
広告