46cm三連装砲

戦 艦

大和型戦艦を生んだ「A-140」の変遷

昭和9年/1934年、日本は米英との海軍戦力差を埋めることを阻害している「ロンドン海軍軍縮会議」が昭和12年/1937年に失効されることから、その後米英がそれに合わせて更に強力な戦艦を建造することは間違いないとし、それに対抗すべく最大級の戦艦の建造を計画しました。 それが、今や国民の誰もが知る、世界最大の戦艦【大和】です。 日本は当時最新の「長門型」を除くと、のきなみ艦齢が20年を超えている戦艦ばかりでした。
戦 艦

世界最大の「大和型」戦艦を解剖する

昭和9年/1934年、日本は米英との海軍戦力差を埋めることを阻害している「ロンドン海軍軍縮会議」が昭和12年/1937年に失効されることから、その後米英がそれに合わせて更に強力な戦艦を建造することは間違いないとし、それに対抗すべく最大級の戦艦の建造を計画しました。 それが、今や国民の誰もが知る、世界最大の戦艦【大和】です。 日本は当時最新の「長門型」を除くと、のきなみ艦齢が20年を超えている戦艦ばかりでした。
戦 艦

武蔵【大和型戦艦 二番艦】

【武蔵】は、建造中に【大和】で発生した不具合等の修正を行いつつ、三菱長崎造船所で建造されました。 しかしこの三菱長崎造船所での【武蔵】隠蔽の取り組みは凄まじく、少しでもドックを眺めていたら警察にしょっぴかれたり、米英両領事館からドックが見えるため、ドックと領事館の間に目隠しとして倉庫を建設したり、他にもドックが見える高台にあるグラバー邸や香港上海銀行長崎支店を三菱重工業が買い取るなど、とにかく徹底していました。
戦 艦

大和【大和型戦艦 一番艦】

昭和9年/1934年、日本は米英との海軍戦力差を埋めることを阻害している「ロンドン海軍軍縮会議」が昭和12年/1937年に失効されることから、その後米英がそれに合わせて更に強力な戦艦を建造することは間違いないとし、それに対抗すべく最大級の戦艦の建造を計画しました。 それが、今や国民の誰もが知る、世界最大の戦艦【大和】です。 日本は当時最新の「長門型」を除くと、のきなみ艦齢が20年を超えている戦艦ばかりでした。
広告