広告

夕張【軽巡洋艦】
【light cruiser Yubari】

記事内に広告が含まれています。

艦型と個艦の説明を分けましたが、単純に分割しただけなので表現に違和感が残っていると思います。
起工日 大正11年/1922年6月5日
進水日 大正12年/1923年3月5日
竣工日 大正12年/1923年7月31日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年4月27日
ソンソル島近海
建 造 佐世保海軍工廠
常備排水量 3,141t
全 長 138.99m
垂線間幅 12.04m
最大速度 35.5ノット
航続距離 14ノット:5,000海里
馬 力 57,900馬力

装 備 一 覧

大正12年/1923年(竣工時)
主 砲 50口径14cm連装砲 2基4門
50口径14cm単装砲 2基2門
備砲・機銃 40口径7.6cm単装高角砲 1基1門
魚 雷 61cm連装魚雷発射管 2基4門
缶・主機 ロ号艦本式ボイラー 重油8基
三菱パーソンス式ギアード・タービン 3基3軸
昭和19年/1944年(改装時)
主 砲 50口径14cm連装砲 2基4門
備砲・機銃 50口径12cm単装高角砲 1基1門
25mm三連装機銃 3基9挺
25mm連装機銃 4基8挺
25mm単装機銃 8基8挺
魚 雷 61cm連装魚雷発射管 2基4門
缶・主機 ロ号艦本式ボイラー 重油8基
三菱パーソンス式ギアード・タービン 3基3軸
広告

裏方戦隊で表舞台は僅か 通商破壊激化で犠牲に

誕生そのもので十分すぎる功績を残している【夕張】ですが、実践ではどうだったでしょうか。
まず、【夕張】は戦争に至る前に小規模の改装を繰り返し、なんとか改良が進む5,500t級に劣らないように努力し続けました。
軽巡洋艦の新造がなかったため、「川内型」「長良型」の戦隊旗艦が予備役に入ったときに変わりに旗艦を務めた経験もあります。
しかし昭和9年/1934年には演習中に【由良】に超低速でしたが衝突してしまい、艦首が損傷しています。

太平洋戦争開戦後は第四艦隊所属の第六水雷戦隊旗艦に就任し、早速「ウェーク島の戦い」へと出撃します。
この戦いでは所属していた【疾風】【如月】を失いますが、後に駆けつけた二航戦の活躍などもあり、勝利を収めます。
この戦いのあと、【夕張】はまだ残っていた5cm礼砲を撤去して13mm連装機銃を2基設置しています。
そして【夕張】はその後も頻繁に機銃の増備、更新がされています。

その後も南方作戦に従事した【夕張】でしたが、ガダルカナル島の占領が完了した時点で第六水雷戦隊は解隊されてしまい、【夕張】は新たに第二海上護衛隊所属となりました。
しかし「第一次ソロモン海戦」に出撃するも機関の不調によって速力が低下。
もともと【天龍】【夕張】【夕凪】は直談判によって急遽出撃が決まり、さらに【天龍】は速度不足、【夕張】も速力低下となったため、作戦は大きく変更された一幕があります。
結局【夕張】は竣工当初からの機関の問題に終始悩まされたままでした。

第一次ソロモン海戦で探照灯を照射する【夕張】

これに帝国海軍も頭を悩ませたのか、【夕張】は再び護衛任務を任されることになりました。
第二海上護衛隊は旧式駆逐艦や特設艦船で構成されて非常に貧弱だったため、航続距離が短く外洋になかなか引っ張り出せない【夕張】の役割には適していました。
そして最後まで、海戦で活躍することはなかったのです。

昭和18年/1943年4月1日、【夕張】は第四艦隊から第八艦隊へ転籍し、外南洋部隊増援部隊配属となります。
一気に激戦地に現れた【夕張】ですが、幸か不幸か【夕張】はこの地でも戦いに巻き込まれることはありませんでした。
「クラ湾夜戦」の直前にはスクリューに触雷して作戦参加が中止され、7月末から10月まで本土で修理を受けています。

復帰後も輸送をメインの活動が続きますが、「ラバウル空襲」や輸送中の空襲に何度も遭遇します。
直撃弾はありませんでしたが、機銃掃射の被害が蓄積し、そして11月24日にはついに至近弾を受けてしまい、再び帰投せざるを得なくなってしまいました。

昭和19年/1944年3月22日、【夕張】は東京からサイパンへ向けての東松三号船団の旗艦として戦列に復帰。
その後サイパンからパラオへの輸送を任された【夕張】は、4月23日出発の輸送を順調に終えます。
そして次はパラオからソンソル島へ向けての輸送を行い、これも無事4月27日早朝に完了。
揚陸を終えて【夕張】はパラオへと戻りました。
しかしその帰路で【米ガトー級潜水艦 ブルーギル】の魚雷が【夕張】を襲います。
6本発射された魚雷のうちの1本が【夕張】の右舷機関室に直撃し、被雷箇所は瞬く間に浸水、航行不能に陥ってしまいます。
僚艦であった【五月雨】が曳航を試みるもののうまくいかず、やがて【夕張】は徐々に沈み始めました。
【夕張】の乗員は【夕月】に避難し、偉大なる大きな駆逐艦、小さな軽巡洋艦【夕張】はソンソル島付近で生涯を閉じました。
戦死者はたったの19人、ゆっくりと沈んでいったため、また魚雷が1発、追撃もなかったことから、多くの乗員が命を救われました。

沈没時の主砲・対空兵装(推定)
主 砲 50口径14cm連装砲 2基4門
副砲・備砲 40口径12cm単装高角砲 1基1門
機 銃 25mm三連装機銃 3基9挺
25mm連装機銃 4基8挺
25mm単装機銃 8基8挺

出典:[海軍艦艇史]2 巡洋艦 コルベット スループ 著:福井静夫 KKベストセラーズ 1980年

1
2
created by Rinker
¥3,080 (2024/05/25 00:53:31時点 Amazon調べ-詳細)

夕張の写真を見る