雲龍【雲龍型航空母艦 一番艦】

広告
広告

起工日昭和17年/1942年8月1日
進水日昭和18年/1943年9月25日
竣工日昭和19年/1944年8月6日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年12月19日
(東シナ海)
建 造横須賀海軍工廠
基準排水量17,150t
全 長227.35m
垂線間幅22.00m
最大速度34.0ノット
航続距離18ノット:8,000海里
馬 力152,000馬力

装 備 一 覧

昭和19年/1944年(竣工時)
搭載数艦上戦闘機/12機
艦上攻撃機/18機
艦上爆撃機/27機
補用機/8機
格納庫/昇降機数格納庫:2ヶ所
昇降機:2機
備砲・機銃40口径12.7cm連装高角砲 6基12門
25mm三連装機銃 13基39挺
缶・主機ロ号艦本式ボイラー 8基
艦本式ギアードタービン 4基4軸
飛行甲板
長216.9×幅27.0

広告



量産型正規空母一番艦 戦果ゼロ 雲龍

太平洋戦争が開戦し、予想外の快進撃を続けていた日本ですが、その勢いは「ミッドウェー海戦」で衰えてしまいます。
世界最強の機動部隊を支えた空母6隻のうち、4隻が一夜にして沈没。悪夢でした。

アメリカはすでに最新鋭の戦艦や空母の大量建造を宣言しており、日本は窮地に立たされていました。
近々運用される「米エセックス級航空母艦」に対向するため、また取り急ぎ、この4隻の穴埋めをしなければならないということで、計画・建造されたのがこの「雲龍型」です。
「雲龍型」「改大鳳型」と合わせて20隻もの建造が計画され、駆逐艦並みの建造予定が立てられていました。

その一番艦【雲龍】【飛龍】の改良版として登場します。
不評だった左舷艦橋を右舷に変更し、対空機銃の増備、また不燃性の塗料で塗装するなどの改良を持って、さらに工期を【飛龍】の3年より1年縮めて竣工しました。

出典:『極秘 日本海軍艦艇図面全集』

急ピッチで行われた建造でしたが、しかしその2年は、日本の勝利を絶望的にするには十分な時間でした。
最後の正規空母【瑞鶴】「レイテ沖海戦」でついに沈没し、日本に残された空母は残りわずか、艦載機も同じく風前の灯でした。
【雲龍】が搭載するはずだった艦載機も【瑞鶴】とともに大半が喪失、【雲龍】は空母である最大の理由を失うことになります。

昭和19年/1944年5月 あ号作戦直前と計画時の対空兵装比較
高角砲40口径12.7cm連装高角砲 6基12門(±0)
機 銃25mm三連装機銃 13基39挺(±0)
25mm単装機銃 24基24挺(すべて橇式 +24基)
※あ号作戦後 12cm28連装噴進砲 8基
電 探21号対空電探 1基(±0)

切羽詰まった日本は有人特攻兵器「桜花」を投入することを決定し、いよいよ特攻が始まろうとしていました。
しかし、その「桜花」を運搬できる船がいません。
そこで白羽の矢にたってしまったのが【雲龍】でした。
【雲龍】は、二度と帰ってこない乗員と「桜花」30機を載せて、フィリピン海へと向かいました。

しかし【雲龍】は、唯一の任務すら果たすことができません。
道中、台風で視界が歪む中、【雲龍】は潜水艦の電波を感知します。
護衛駆逐艦の【時雨】【樅】【檜】は警戒を強め、航行を続けました。
ところが【米バラオ級潜水艦 レッドフィッシュ】はその警戒をかいくぐり、【雲龍】へ向けて魚雷を4発発射。
3発をかろうじて回避するものの、1発が右舷に命中し浸水、機関にダメージを与えた魚雷は【雲龍】の速度を徐々に抑え、ついに【雲龍】は停止してしまいます。

的が動かなくなったのを確認した【レッドフィッシュ】は再び魚雷を発射します。
2発目の魚雷は右舷下部、格納庫がある場所で炸裂しました。
輸送のために積んでいた「桜花」30機のうち20機がそこにはありました。
瞬く間に誘爆し、その炎はやがて火薬庫に及びます。
誘爆と炎上を繰り返した【雲龍】は艦首から沈下をはじめ、ついに1機の艦載機を飛ばすこともなく【雲龍】は沈没してしまいました。

竣工日 昭和19年/1944年8月6日
沈没日 昭和19年/1944年12月19日

たった135日の生涯でした。

量産型だった【雲龍】は、その着手が遅かったために、本懐を果たすことなくその最期を迎えました。

雲龍型の写真を見る