磯波【吹雪型駆逐艦 九番艦】

広告
広告

起工日大正15年/1926年10月18日
進水日昭和2年/1927年11月24日
竣工日昭和3年/1928年6月30日
退役日
(沈没)
昭和18年/1943年4月9日
セレベス島南東
建 造浦賀船渠
基準排水量1,680t
垂線間長112.00m
全 幅10.36m
最大速度38.0ノット
馬 力50,000馬力
主 砲50口径12.7cm連装砲 3基6門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 3基9門
機 銃7.7mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



浦波と二度も衝突 特型駆逐艦最初の竣工は磯波

【磯波】は建造時は「第四十三駆逐艦」とされ、昭和3年/1928年8月に【磯波】と改称されます。
「吹雪型」はネームシップの【吹雪】より先に竣工している艦が多いのですが、その中でも【磯波】は唯一の6月生まれ。
つまり特型駆逐艦として初めて正式に誕生したのはこの【磯波】でした。

【磯波】は第一九駆逐隊に編入され、「支那事変(日中戦争)」に突入するのですが、その際に妹の【浦波】と衝突してしまい、【磯波】は5ヶ月の修理を余儀なくされます。
修理後は「上海、杭州湾上陸作戦」のために出動しています。

太平洋戦争が始まると、【磯波】は南方侵攻のために第三水雷戦隊に所属します。
「ミッドウェー海戦」にも護衛艦として参加するのですが、その際に【磯波】はまたしても【浦波】と衝突。
艦首が1mほど切断されてしまい、今度は3ヶ月ほど修理することになりました。

復帰後はソロモン諸島やニューギニア島を巡る戦いに参加しますが、12月にニューギニア島近くのブナ沖で空襲にあってまたも修理をすることに。
そして再びの復帰後、【磯波】は船団護衛や輸送任務を任されることになりました。

ところが【磯波】はその後の活躍をすることなく、潜水艦によってその幕を下ろされてしまいます。
昭和18年/1943年4月、【磯波】はセレベス島南東にて船団護衛中に姉【白雲】を屠った【米タンバー級潜水艦 トートグ】が発射した魚雷に襲われます。
3本を辛うじて回避するも、最後の1本が直撃して敢えなく撃沈してしまいました。