夏月【秋月型駆逐艦 十一番艦】

広告
広告

起工日昭和19年/1944年5月1日
進水日昭和19年/1944年12月2日
竣工日昭和20年/1945年4月8日
退役日
(除籍)
昭和23年/1948年3月1日

建 造佐世保海軍工廠
基準排水量2,701t
垂線間長126.00m
全 幅11.60m
最大速度33.0ノット
航続距離18ノット:8,000海里
馬 力52,000馬力
主 砲65口径10cm連装高角砲 4基8門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 1基4門
次発装填装置
機 銃25mm連装機銃 2基4挺
缶・主機ロ号艦本式缶 3基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



秋月型最後の駆逐艦 4ヶ月の海軍生活 夏月

【夏月】「秋月型」の最終艦ではありませんが、竣工したのは十二番艦の【花月】よりも遅く、「秋月型」最後の竣工となりました。
4月8日は「坊ノ岬沖海戦」の翌日。
佐世保が奇跡の生還を果たした【涼月】の帰還に沸く一方で、舞鶴鎮守府では末っ子が誕生していました。

竣工後、第十一水雷戦隊に所属しますが、20日までは残工事があったため、瀬戸内海に到着したのは25日でした。
到着後は【北上・波風】とともに唯一の水雷戦隊となる海上挺進部隊を編成し、5月25日には【涼月・冬月・宵月】らが所属している第四一駆逐隊に新たに編入されました。

しかし6月16日には下関付近で機雷に接触してしまい、佐世保まで曳航され、7月1日から25日まで修理を行います。
そして終戦まで【夏月】は佐世保を出ることはなく、ここで日本の敗戦を受け入れることになります。
【夏月】は砲撃はおろか機銃も敵機に向けて放ったことがなく、4ヶ月の間、一度も交戦をすることがありませんでした。

終戦後は復員船として2年近く働いたあと、イギリスへ賠償艦として引き渡されるのですが、即日浦賀船渠へ売却されることになり、昭和22年/1947年9月10日から解体開始、翌年3月1日解体が終了しました。