野風【峯風型駆逐艦 十三番艦】

広告
広告

起工日大正10年/1921年4月16日
進水日大正10年/1921年10月1日
竣工日大正11年/1922年3月31日
退役日
(沈没)
昭和20年/1945年2月20日
カムラン湾
建 造舞鶴海軍工廠
基準排水量1,251t
垂線間長97.54m
全 幅8.92m
最大速度39.0ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 4基4門
魚 雷53.3cm連装魚雷発射管 3基6門
機 銃6.5mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
三菱パーソンス式ギアードタービン 2基2軸

広告



峯風型改め「野風型」とも呼ばれる一番艦 野風

「峯風型」は、3番・4番砲塔と魚雷発射管、さらに後檣(うしろの帆柱)の配置が不適切で弾薬供給や統一指揮の妨げとなっていました。


この問題を解消するため、【野風】と以降の【沼風・波風】は兵装の位置を変更。


この効率性の向上は成功を収め、のちの「神風型・睦月型」でも採用されています。

【野風】【沼風・波風】さらに後継艦の【神風型一番艦 神風】とともに第一駆逐隊を編成し、千島・北海道の交通保護に従事します。
「支那事変(日中戦争)」では華北・華中の沿岸作戦に参加。
太平洋戦争では同じく北方で哨戒・護衛活動を行います。

昭和20年/1945年2月、護衛任務中に【米ガトー級潜水艦 パーゴ】の魚雷を受けて沈没しました。