追風【神風型駆逐艦 六番艦】

広告
広告

起工日大正12年/1923年3月16日
進水日大正13年/1924年11月27日
竣工日大正14年/1925年10月30日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年2月18日
高雄港
建 造浦賀船渠
基準排水量1,270t
垂線間長97.54m
全 幅9.16m
最大速度37.25ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 4基4門
魚 雷53.3cm連装魚雷発射管 3基6門
機 銃留式7.7mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
艦本式ギアードタービン 2基2軸



【追風】
は当初は「第十一号駆逐艦」として建造され、昭和3年/1928年に【追風】となります。

太平洋戦争開戦後は「ウェーク島の戦い」に参加し、続いて「ラバウル攻略作戦、スルミ攻略作戦、サラモア攻略作戦」にも参加。
緒戦は戦場に多く足を運びました。
その後は船団護衛を中心に活動します。

昭和19年/1944年2月17日、トラック島空襲の前夜に魚雷によって沈没した【阿賀野】の乗員の救助を行いますが、翌日のトラック島空襲から逃れることができず、敢えなく沈没しています。
その船体は真っ二つに折れ、現在は水深73mの場所で眠っています。