蔦【橘型駆逐艦 四番艦】

広告
広告

起工日昭和19年/1944年7月31日
進水日昭和19年/1944年11月2日
竣工日昭和20年/1945年2月8日
退役日
(解体)
昭和25年/1950年

建 造横須賀海軍工廠
基準排水量1,289t
垂線間長92.15m
全 幅9.35m
最大速度27.3ノット
航続距離18ノット:3,500海里
馬 力19,000馬力
主 砲40口径12.7cm連装高角砲 1基2門
40口径12.7cm単装高角砲 1基1門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 1基4門
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺
25mm単装機銃 12基12挺
缶・主機ロ号艦本式缶 2基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

※松型・橘型の艦の順序は基準によって異なります。


【蔦】は竣工後、第十一水雷戦隊に配属されますが、2月20日に瀬戸内海へと回航されることになります。
4月25日に第三一戦隊へ編入されますが特に目立った活動はなく、30日には佐世保へ移動。
さらに6月には「回天搭載艦」へと改装されるもののやはり出番はなく、終戦までは同じく「回天搭載艦」となっていた【竹】らとともに屋代島にて擬装繋留され、そのまま終戦を迎えました。

終戦後は復員輸送に従事し、それが終わると今度は昭和22年/1947年7月31日に中国へ賠償艦として引き渡されました。
中国では『華陽』と名付けられましたが、艦の状態が悪く、中国でも任務はありませんでした。
国共内戦の末に台湾へと逃れた『華陽』ですが、昭和25年/1950年に解体、流用できる部品、機器は同じく日本から引き渡された【初梅】『信陽』)で使用されました。