矢風【峯風型駆逐艦 六番艦】

広告
広告

起工日大正7年/1918年8月15日
進水日大正9年/1920年4月10日
竣工日大正9年/1920年7月19日
退役日
(除籍)
昭和20年/1945年9月15日

建 造三菱長崎造船所
基準排水量1,251t
垂線間長97.54m
全 幅8.92m
最大速度39.0ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 4基4門
魚 雷53.3cm連装魚雷発射管 3基6門
機 銃6.5mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
三菱パーソンス式ギアードタービン 2基2軸

広告



標的艦から護衛まで 終戦まで耐え切った矢風

【矢風】は第一航空戦隊に編入され、空母の護衛艦として「上海事変」へ突入します。
昭和12年/1937年、すでに艦齢が17年を迎えた【矢風】は、籍は駆逐艦のままですが、元戦艦で標的艦となっている【摂津】の無線操縦艦となります。

やがて訓練生が増え、標的艦が【摂津】のみでは不足するようになると、【矢風】は兵装を全廃し、対爆弾防御用の金網を張り巡らせて標的艦となります。
しかし元が駆逐艦なので、耐えきれる攻撃は1kg演習弾のみでした。

昭和17年/1942年には駆逐艦から標的艦へと船籍も移り、今度はマーシャル諸島やトラック泊地での航空訓練に参加しました。
それだけでなく、船団護衛や輸送任務も行うなど、雑役を数多くこなしていきます。

昭和18年/1943年、【矢風】は船団護衛中に「第三十四号哨戒艇」と衝突してしまい、【矢風】は艦首を失い、「第三十四号哨戒艇」はなんと沈没してしまいます。
修理を終えたあとも【矢風】は訓練に参加、護衛に参加、輸送に参加など忙しい日々が続きます。
昭和20年/1945年7月、横須賀で停泊中に空襲に巻き込まれますが、深刻な被害はなく、そのまま終戦を迎えました。

昭和23年/1948年に【矢風】は解体。
戦闘に参加しないものの、訓練兵には馴染みの深い駆逐艦でした。