マリアナ沖海戦

軽巡洋艦

矢矧【阿賀野型軽巡洋艦 三番艦】

【矢矧】は不遇の「阿賀野型」の中では最も戦闘に参加した軽巡でした。 竣工からわずか2ヶ月後に【阿賀野】は撃沈、【能代】とともに【矢矧】は敗北の続く帝国海軍を支えるべく奮闘します。 【矢矧】は竣工早々、第十戦隊の旗艦に就任し、昭和19年/1944年6月には「マリアナ沖海戦」へと挑みます。
軽巡洋艦

能代【阿賀野型軽巡洋艦 二番艦】

【能代】が竣工したのは【阿賀野】から8ヶ月後。 【阿賀野】ですら「ミッドウェー海戦」後の登場でしたが、【能代】は同じく非常に重要な戦いであった「ガダルカナル島での戦い」すら知らず、山本五十六連合艦隊司令長官が殉職してからの竣工でした。 「阿賀野型」が時代遅れであることは【阿賀野】の項でも述べていますが、その中でも【能代】は意地を見せています。
重巡洋艦

筑摩【利根型重巡洋艦 二番艦】

「改鈴谷型重巡洋艦」とも言える「伊吹型重巡洋艦」の1番艦【伊吹】の建造が始まるのですが、戦況の変化により【伊吹】は空母へ改装されることになり(しかし空母にも改装されず建造途中で解体)、【筑摩】は帝国海軍最後の重巡洋艦となりました。 書類上の分類では【高雄型重巡洋艦 鳥海】が最後ですが、【筑摩】は【利根】同様、書類上以外の全ては重巡そのものでした。
重巡洋艦

利根【利根型重巡洋艦 一番艦】

主砲は船体の前後に配備されるものでしたが、その主砲を前部へ集中させ、後部は水上機の配備・発射用の設備を整えるというものに変更。 その代わり3番、4番砲塔は最初から後ろ向きにしておきました(当然前方へ向けることもできます)。 主砲は20.3cm連装砲4基と、「最上型」より1基減りますが、その代わり水上機搭載数は6機と、「最上型」の倍(【最上】竣工時と比較)。
重巡洋艦

最上【最上型重巡洋艦 一番艦】

昭和5年/1930年になると、日本は軽巡洋艦の老朽化に伴う代替艦の建造を計画していました。 「天龍型」は竣工してから10年になり、しかも3,500t級の小型設計。 「球磨型」の【球磨・多摩】も5,000t級ではあるものの大正9年/1920年、21年竣工でした。 軍縮の流れがあるとはいえ、このままでは国家を守る軍備が滞ってしまいます。
重巡洋艦

鳥海【高雄型重巡洋艦 四番艦】

【鳥海】は客船を多く建造していた三菱長崎造船所で建造されたため、姉3隻と比べて内装が豪勢だったと言われています。 【愛宕】ともども旗艦を務めることが多かった理由は、このあたりがあるのかもしれません。 また、二度の御召艦の先導艦として観艦式に出席しています。
重巡洋艦

摩耶【高雄型重巡洋艦 三番艦】

【高雄・愛宕】は太平洋戦争を目前にして改装を行っていますが、【摩耶・鳥海】はその改装が行われる前に開戦してしまったため、姉2隻よりは劣った状態で戦争に参加することになりました。 それがのちに【摩耶】が対空特化の重巡に変身することにつながります。
重巡洋艦

愛宕【高雄型重巡洋艦 二番艦】

【愛宕】は「高雄型」の二番艦とされていますが、竣工はこの【愛宕】のほうが2ヶ月ほど早く、「愛宕型重巡洋艦」とも呼ばれています。 竣工日が一番早くてもネームシップになっていない艦は他にも【那智】や【龍田】などがいますが、この【愛宕】はこれら2隻よりも「愛宕型」と称されることが多かったと言われています。
重巡洋艦

高雄【高雄型重巡洋艦 一番艦】

「高雄型」の特徴してあげられるのは大きく2つ。 1つは大きくなった艦橋。 もう1つは魚雷発射管に次発装填装置を取り付けたことです。 艦橋の大型化は、艦隊旗艦としての能力を最大限発揮する目的がありました。 「妙高型」の設計では戦隊旗艦程度の能力しか発揮できず、その戦隊を取りまとめる指揮官が鎮座する艦隊旗艦には向いていなかったのです。
重巡洋艦

羽黒【妙高型重巡洋艦 四番艦】

「妙高型」の末っ子として誕生した【羽黒】は、もともと呉海軍工廠での建造が予定されていましたが、経営が苦しくなっていた三菱長崎造船所への補助を兼ねて同造船所で建造されることになった、という経緯があります。 ちょうど【客船 浅間丸】も建造していたため、その影響が内装に現れています。 4隻の中では最も居住性が高かったそうです。
広告