春風【神風型駆逐艦 三番艦】

広告
広告

起工日大正11年/1922年5月16日
進水日大正11年/1922年12月18日
竣工日大正12年/1923年5月31日
退役日
(除籍)
昭和20年/1945年11月10日

建 造舞鶴海軍工廠
基準排水量1,270t
垂線間長97.54m
全 幅9.16m
最大速度37.25ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 4基4門
魚 雷53.3cm連装魚雷発射管 3基6門
機 銃6.5mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
三菱パーソンス式ギアードタービン 2基2軸

広告



二度の死地から蘇り、終戦まで戦い続けた春風

【春風】は当初は「第五駆逐艦」として建造され、大正13年/1924年に「第五号駆逐艦」、そして昭和3年/1928年に【春風】となります。

第五駆逐隊に編入された【春風】は、戦前は【龍驤】基幹の一航戦に所属し、不時着によって海上に投げ出されたパイロットを助ける「トンボ釣り」を行いました。
その後は台湾や南支方面で警備任務に就き、やがて第五水雷戦隊に所属することになります。

太平洋戦争開戦後は「フィリピンの戦い、マレー作戦、バタビア沖海戦」などに参加し、「バタビア沖海戦」では【最上】【朝風・松風・旗風】と協力して敵艦隊を撃退しています。

その後、昭和17年/1942年11月にスラバヤ港に入港する際、直前で機雷に触れてしまい、艦首が破壊されてしまいます。
幸い沈没はしなかったものの、急遽呉で修理を受けることになりました。
修理後、【春風】はその呉の海域や台湾・フィリピン方面での船団護衛を任されます。
【春風】は最後の船団護衛の日を除き、ほとんどの船団護衛の任務を被害なく完遂するなど優秀な成績を残していきました。
昭和19年/1944年10月には船団を狙ってきた【米バラオ級潜水艦 シャーク】を返り討ちにしています。

しかし11月、【米サーゴ級潜水艦 セイルフィッシュ】の魚雷によって今度は艦尾を喪失、再び【春風】は修理に入ります。

【春風】は台湾・日本で空襲を耐えしのぎ、終戦を迎えました。
その後、【春風】は京都府竹野港で防波堤として使用されていましたが、昭和23年/1948年9月に上陸してきた「アイオン台風」によって【春風】は三度大破。
【春風】は残念ながら解体され、一生を終えました。

【神風】とともに終戦まで生き残った【春風】でしたが、両者とも思ってもみない形でその運命を閉じてしまいました。