楓【松型駆逐艦 十七番艦】

広告
広告

起工日昭和19年/1944年3月4日
進水日昭和19年/1944年7月25日
竣工日昭和19年/1944年10月30日
退役日
(解体)
昭和35年/1960年

建 造横須賀海軍工廠
基準排水量1,262t
垂線間長92.15m
全 幅9.35m
最大速度27.8ノット
航続距離18ノット:3,500海里
馬 力19,000馬力
主 砲40口径12.7cm連装高角砲 1基2門
40口径12.7cm単装高角砲 1基1門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 1基4門
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺
25mm単装機銃 8基8挺
缶・主機ロ号艦本式缶 2基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



1隻だけの駆逐隊 楓

竣工後に第十一水雷戦隊で訓練の日々を送っていた【楓】は、昭和20年/1945年1月20日に第三一戦隊へ編入。
同時に【杉・樫】で編成されていた第五二駆逐隊に新たに加わりました。
当初はさらに【桑・樅・檜】が所属していたのですが、【楓】が編入された時にはすでに沈没しています。
加えて【杉・樫】も損傷によって戦線離脱をすることになり、活動ができるのは【楓】ただ1隻でした。

22日、【楓】は早速任務を任されます。
モタ33船団を門司港から台湾の基隆まで護衛、27日に無事船団を送り届けました。
到着後、【梅・汐風】とともに高雄へ移動し、31日には「パトリナオ輸送作戦(搭乗員救出作戦)」とルソン島アパリ防衛のための輸送任務に出発しました。
ところが出発後間もなく米軍の偵察機によって発見され、早くも対空機銃から銃弾が放たれました。
このあとの空襲によって被弾した第1砲塔は停止、艦前部が浸水、火災を起こす大惨事となり、54名もの乗員がこの空襲によって亡くなりました。
沈没は回避できたものの、同行していた【梅】がこの空襲によって機械室が破壊されて航行不能、【汐風】によって砲撃処分されました。
【楓・汐風】は作戦を中止し、高雄へと帰投しています。

2月18日、応急処置を終えた【楓】は「タホ船団」を護衛して基隆を出港しますが、この道中でまたも空襲にあい、船団と分かれて単独で呉へと帰投しました。
呉での修理は4月26日までかかり、その後は【竹】とともに「回天標的艦」として大津島付近で活動を続けました。
そして終戦までの約4ヶ月間、空襲等による被害も受けることなく、【楓】は終戦を迎えました。

航行可能な状態だった【楓】は終戦後に復員輸送に従事し、その後は昭和22年/1947年7月に賠償艦として中華民国へと引き渡されました。
名は『衝陽』と改められ、昭和24年/1949年の国共内戦後は台湾に移動。
10月1日付で練習艦となりましたが、機関の調子が復調せず、練習艦としてはほとんど仕事ができずに放置、昭和35年/1960年になってようやく解体されました。