深雪【吹雪型駆逐艦 四番艦】

広告
広告

起工日昭和2年/1927年4月30日
進水日昭和3年/1928年6月26日
竣工日昭和4年/1929年6月29日
退役日
(沈没)
昭和9年/1934年6月29日
済州島南 【電】と衝突
建 造浦賀船渠
基準排水量1,680t
垂線間長112.00m
全 幅10.36m
最大速度38.0ノット
馬 力50,000馬力
主 砲50口径12.7cm連装砲 3基6門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 3基9門
機 銃7.7mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



戦争知らずの深雪 味方に沈められた特型駆逐艦

【深雪】は建造時は「第三十八号駆逐艦」とされ、昭和3年/1928年8月の建造途中に【深雪】と改称されます。
【深雪】【吹雪・白雪・初雪】と4隻で第一一駆逐隊を編成することになるのですが、しかし【深雪】は一度も敵艦隊と相まみえることなくこの世を去っています。

昭和9年/1934年、【深雪】は済州島南方沖で行われていた演習に参加していました。
しかし視界が悪く、各艦はそれぞれの位置の把握が困難になっていました。
そんな中、突如【深雪】を恐ろしい衝撃が襲いました。
なんと【電】【深雪】の艦中央部に突っ込んできたのです。
この衝撃は凄まじく、また翌年、翌々年の「友鶴事件・第四艦隊事件」にあるように「特型駆逐艦」は強度に問題がありました。
哀れ【深雪】は味方の突撃によって船体が断裂し、艦後部はそのまま沈んでしまいました。

艦前部はまだなんとか粘っていましたが、【那珂】が曳航を試みているうちにどんどん浸水がひどくなり、こちらも断念。
殉職者3人、行方不明者2名と人的被害は軽微だったものの、【深雪】はその存在の理由である戦闘に全く参加することなく沈没してしまいました。

なお、艦前部の沈没は応急処置対応が疎かだったからとされ、以後訓練・教育課程で応急処置についての知識も重視するようになりました。