大鯨【潜水母艦】

広告
広告
起工日昭和8年/1933年4月12日
進水日昭和8年/1933年11月16日
竣工日昭和9年/1934年3月31日
退役日(除籍)昭和20年/1945年11月30日
建 造横須賀海軍工廠
基準排水量10,000t
水線長211.12m
水線幅18.07m
最大速度20.0ノット
航続距離18ノット:10,000海里
馬 力14,000馬力

装 備 一 覧

昭和9年/1934年(竣工時)
主 砲40口径12.7cm連装高角砲 2基4門
機 銃40mm連装機銃 2基4挺
13mm四連装機銃 2基8挺
缶・主機ロ号艦本式補助缶 2基
艦本式11号10型ディーゼルエンジン 4基2軸
その他
九四式水上偵察機 3機
呉式2号5型射出機 1基(昭和13年搭載)
広告



電気溶接とディーゼル 見透し甘い新技術で翻弄された大鯨

「迅鯨型」が竣工してから10年近くが経過する中、海軍は「ロンドン海軍軍縮条約」によって課せられた多くの制約の中で足掻いていました。
船の数は多く造れないし、その船の性能にも限りがあるので、あらゆる可能性を考えて貴重な船を建造しなければなりませんでした。
そこで考案されたのが、改装を前提とした船の建造でした。
つまり、最終形態は違う船だけど、その船に改装することを見越した設計で違う艦種の船を建造するというものです。
似たものでは、最終的には20.3cm連装砲を搭載するつもり設計をして、当初は15.5cm三連装砲を搭載させた「最上型軽巡洋艦」があります。

この方法によって、日本は保有制限のある空母を短期間で増やすことができるようにしたいと考え、空母改装が可能な船の設計に取り掛かります。
そしてそれに白羽の矢が立ったうちの1隻が、潜水母艦でした。

「迅鯨型」は当初の14,500t級から「ワシントン海軍軍縮条約」もろもろの影響で5,160tにまで小さくなってしまいました。
一方で潜水艦はどんどん大型化しており、遠の昔から「迅鯨型」では一等潜水艦の統括に値する性能を持ってはいませんでした。
なので新規の潜水母艦は前々から希望されていたのですが、ここでようやく新しい潜水母艦が誕生することになったのです。
が、最終的には戦争が起こると空母になるので、解決してるのかといわれると実際解決していません。
平時はもちろん1隻増えますから助かりますけど、平時に使えて有事に使えないというのは対策ではないでしょう。
しかし優先順位として空母が上にくるのはやむを得ませんでした。

新造の潜水母艦【大鯨】は、「排水量10,000トン以下、速力20ノット以下の特務艦は無制限」という条件であることから、基準排水量10,000t、速力20ノットと限界いっぱいの性能となりました。
そして【大鯨】は実験要素満載の全く新しい船として設計されることになります。

まず、ディーゼル機関の採用です。
海軍でディーゼルと言えば潜水艦ですが、ボイラーと比べてディーゼルには高燃費という大きなメリットがありました。
その分機関は複雑で、出力もボイラーに比べると劣る、振動騒音が大きいというデメリットもありますが、ボイラー+タービンに比すると小型になる上に、日本にとって燃費、航続距離といつのは大変重要な要素です。
何しろ活動範囲は広いうえに燃料は自国では調達できないのですから、貴重な資源をどれだけ有効に使おうかと考えるとディーゼルを使えるのならそれに越したことはありません。

この時はちょうどドイツの「ドイッチュラント級装甲艦」、いわゆる「ポケット戦艦」がディーゼル機関を搭載して建造が始まっていました。
航洋条件が違いますから単純な比較はできませんが、最大で20ノット:10,000海里という莫大な航続距離を発揮しています。
ドイツは大型ディーゼルの実用化までに10年ほどの研究を続けていましたが、これでもまだ不具合との戦いの結果で、成功とはなかなかいいがたい性能でした。
公試28ノットに対して実用速度26ノットと、搭載砲が大きいとはいえ10,000tクラスの巡洋艦としては非常に遅いです。
そう、この頃のディーゼルはとにかく遅いので、速くするには出力を上げるかディーゼルを大量に載せるしかありませんでした。

しかし【大鯨】は違います。
【大鯨】は逆に20ノット以上出てはいけないというルールがあるため、低速という問題を突破しなくていいという好条件がありました。
もちろん最終的には空母になるわけですから遅いのは困りますが、少なくとも潜水母艦として運用する間はむしろ出力制限を課す必要があるほどで、速度に関しては近々には問題にはなりません。
念のため補助ボイラーは搭載していますが、「ドイッチュラント級」の情報を聞きつけた海軍にとって、【大鯨】は初のディーゼル実用に打ってつけだったのです。
なお、空母化の際には4基のディーゼルを倍増させ、出力70,000馬力、33ノットが目標とされました。

そしてもう1つの実験的取り組みは、電気溶接でした。
日本では【敷設艦 八重山】で電気溶接の活用実績はありましたが、船は小型ですし大部分でもありません。
しかし【大鯨】ではこれまでの鋲打ちの大半を電気溶接とする思い切った取り組みで、世界中でもここまで大規模に電気溶接を取り込んだ船はまだ存在しなかった可能性があります。

船体は上記の空母33ノットを前提として設計され、全長が非常に長いという特徴を持っています。

「迅鯨型」
が125.4mに対して【大鯨】はなんと215mです。
これは33ノットの速度を出すうえではどうしても全長を長くする必要があること、また飛行甲板の長さを稼ぐことからここまでの長さになりました。
215mというと「金剛型」よりも長い(当時212m)ので、とんでもない細長さです。

さらに船体はできるだけ平坦にされており、簡単に言えば構造物を取っ払ってその上に甲板をつなげれば完成、といったイメージです。
のちの空母化を知っている人なら、用意に空母化の【大鯨】の姿が想像できたと思いますし、上から見たら設置された前部のエレベーターが丸わかりでした。
なお、ディーゼルですから本来ここまで大きな煙突は必要ないのですが、補助ボイラーに加えて、機械室からの排気も煙突まで引っ張っていたようです。
ここまで大きいのは必要ではありませんでしたが、ダミーと実用を兼ねていたと思います。

艦内部には当然潜水母艦として必要な補給資材や休養所、浴室など、苛酷な潜水艦任務を終えた兵士たちに癒しを与える空間を完備。
これまでの「迅鯨型」よりも大型化していますから、一個潜水戦隊も十分対応できます。
そしてこれらは大方空母運用にも流用できる設備であることから、潜水母艦を空母に転用するのは外部構造も内部構造も非常に理に適っていたのです。

さて、ここまで【大鯨】の特徴について述べてきましたが、いざ建造が進んでいくと、ボロがどんどん出てきます。
まず、電気溶接が未熟。
そもそも電気溶接技術はまだ日本で確立されておらず、会得している人数も【大鯨】の建造にかかわっていたのは70人ほど。
これを短期間で急に訓練させて200人ほどにまで増やしたのですが、だいたいこういう無茶な短期訓練はいい結果を生み出しません。
電気溶接のおかげで起工からわずか7ヶ月というとんでもない短期間で進水させたのはよかったのですが、この進水までの間、竜骨の艦前後がどんどん上へと歪んでいく現象が発生。
この歪みを修正する手立てを見つけることができず、そのまま溶接が進んでいくのですが、ついにスクリューの軸心の高さにズレがあって通らないという、どうしようもない事態にまで発展するに至り、船体切断という結果になってしまいました。
切断し、高さを調節した後、切断面は鋲打ちで固定されることになりました。

しかしこれでも全体の歪みは改善されておらず、決まっていた進水日はずらすことができませんでしたが、進水後も再びドックにこもり、この修繕に力が注がれます。
とりあえず急場を凌いだ船体切断でしたが、これでもまだ軸心の高さが合わないことがわかり、結局もっと手前から切断して、再び鋲打ちで接続することになりました。
それに加えて「友鶴事件」「第四艦隊事件」の影響も受けていて、【大鯨】は建造中も建造を終えてからも不具合解消の工事の連続でした。
「友鶴事件」の際はバラストなどを搭載し、「第四艦隊事件」の際は後部乾舷を高くし、その分の重量バランスをとるためにバルジを搭載したりしています。
この「第四艦隊事件」では【大鯨】も演習として参加していますが、しわや亀裂が散見されたそうです。
また波浪で防水扉が破損して浸水したために電動機がショートしてしまい、人力操舵で横須賀まで戻ってきました。

【大鯨】の問題点はこれだけではありません。
初めて水上艦に搭載したディーゼルもまた、不具合の連続でした。

前述の通り、あの技術先進国ドイツですら実用化までに手を焼いた大型ディーゼルです。
確かに潜水艦用の小型ディーゼルについては開発が進み、この時期だと「海大六型a」搭載用の艦本式1号甲8型ディーゼルが開発されていました。
ですがいきなり大型ディーゼル機関を水上艦に搭載するというのはやはり無茶でした。

艦本式11号10型ディーゼルは1基8,000馬力とされ、4基ですから単純計算で計32,000馬力です。
ですが使ってみれば公試出力はたったの半分の15,621馬力、公試20ノット以上出るから出力制限しなくちゃと言ってたのに、使ってみたら全力でちょうどいいという有様でした。
故障も多い、しょっちゅう煙が出ると散々な結果で、しかもそれが一向に治らない。
結局この11号10型を使い続けることは不可能とされ、機関はタービンへと変更を余儀なくされました。
困ったことにこの11号ディーゼル、形式違いが【瑞穂】「剣埼型」「千歳型」で搭載されているのですが、タービンを併用していた「千歳型」は怪我を抑えることができましたが、残りはすべて【大鯨】同様悲惨な目に合っていて、「剣埼型」は空母化の際に【大鯨】同様タービン化しています。

このように積極性と無謀を履き違えた【大鯨】は大きな問題に振り回されながら竣工後も通院するかの如く工廠へよく向かっていました。
そんなことをしているうちに月日は流れて、ようやく【大鯨】は潜水母艦としての任務に就くことができました。
昭和13年/1938年9月5日、【大鯨】は第一戦隊旗艦となりました。
さて、竣工日を確認してください。
昭和9年/1934年3月31日です。
つまり竣工してから4年半も潜水戦隊旗艦にはなっていなかったのです。
補足しておきますが、練習艦になったり、「第四艦隊事件」で演習に参加したり、「支那事変(日中戦争)」で第三艦隊の一員として中国に進出したりと、仕事はしています。
ただ、しょっちゅういなくなるので潜水母艦任務に就けなかったのです。

その後も潜水戦隊に所属していますが、旗艦任務を行える船は巡洋艦含めて整いつつあったので、意外と旗艦【大鯨】は引っ張りだこというわけではありませんでした。
しかし太平洋戦争を目前に控えた11月、【大鯨】は第六艦隊第三潜水戦隊に所属し、【伊8】と共に3潜水隊を統括していました(旗艦は【伊8】)。
第三潜水戦隊は何も知らされずにクェゼリン環礁へ向かい、そして到着後、初めて「真珠湾攻撃」についての概要を知らされます。
第三潜水戦隊は「真珠湾攻撃」で戦況に影響を与える活動はありませんでしたが、11月24日にハワイへ向けて出撃していきました。
が、【大鯨】はこれについていくことはなく、呉へ、そして横須賀へと帰っていきました。

そしてこれが、【大鯨】としての最後の任務でした。
開戦時は日本にいた【大鯨】は12月20日から空母改装工事に着手。
ちょうど22日に【祥鳳】が改装工事を終えて、これで日本に空母がまた1隻増えたことになります。
【大鯨】もこれに続けと3ヶ月後の空母化を目指しますが、残念ながら彼女はとことん不幸に見舞われる船でした。

航空母艦 龍鳳へ