生還組

軽巡洋艦

酒匂【阿賀野型軽巡洋艦 四番艦】

「阿賀野型」の四番艦【酒匂】は、もともと誕生の遅かった「阿賀野型」の中でも最も遅く、三番艦である【矢矧】竣工からも約1年も後での竣工でした。 昭和19年/1944年末は、もはや「レイテ沖海戦」すら終焉し、帝国海軍は壊滅状態、軽巡1隻でどうこうできる状況ではありませんでした。 竣工後、【酒匂】は第十一戦隊水雷戦隊の旗艦に就任するのですが、この水戦は訓練用に編成されたもので、戦場に赴くことはなく、主に瀬戸内海での航海が続きました。
軽巡洋艦

木曾【球磨型軽巡洋艦 五番艦】

「球磨型」の五番艦【木曾】は、次女の【多摩】と行動をともにすることが多く、主に北方海域を活動拠点としていました。 【木曾】は唯一実験用として滑走台を持っていましたが、実戦での運用性は乏しく、後に撤去されています。 その代わりにカタパルトを、とはならず、【木曾】は最後までカタパルトを搭載することはありませんでした。 ただ、滑走台の実験結果を踏まえて「長良型」からは新造時から滑走台が設置されるようになります。
重巡洋艦

利根【利根型重巡洋艦 一番艦】

主砲は船体の前後に配備されるものでしたが、その主砲を前部へ集中させ、後部は水上機の配備・発射用の設備を整えるというものに変更。 その代わり3番、4番砲塔は最初から後ろ向きにしておきました(当然前方へ向けることもできます)。 主砲は20.3cm連装砲4基と、「最上型」より1基減りますが、その代わり水上機搭載数は6機と、「最上型」の倍(【最上】竣工時と比較)。
重巡洋艦

高雄【高雄型重巡洋艦 一番艦】

「高雄型」の特徴してあげられるのは大きく2つ。 1つは大きくなった艦橋。 もう1つは魚雷発射管に次発装填装置を取り付けたことです。 艦橋の大型化は、艦隊旗艦としての能力を最大限発揮する目的がありました。 「妙高型」の設計では戦隊旗艦程度の能力しか発揮できず、その戦隊を取りまとめる指揮官が鎮座する艦隊旗艦には向いていなかったのです。
重巡洋艦

妙高【妙高型重巡洋艦 一番艦】

「古鷹型」と「青葉型」を相次いで建造した日本ですが、もちろん米英が対抗して大型巡洋艦の建造に踏み切ることは予測していました。 なので、日本もこの4隻で満足せず、より強力で大型な巡洋艦の建造へと移ります。 そこで生み出されたのが、【妙高】をはじめとする「妙高型重巡洋艦」です。 【妙高】はなんといっても火力重視の重巡で、これまでの6門から一気に10門まで主砲数を増やしています。
重巡洋艦

青葉【青葉型重巡洋艦 一番艦】

本来「青葉型」の【青葉】と【衣笠】は「古鷹型」の3番艦、4番艦となるはずでした。 しかし人力装填という欠点があったことから、この3番艦、4番艦を再設計することでより強化させることになります。 基本設計は「古鷹型」と同様ですが、当然主砲は「古鷹型」の人力単装砲から機力連装砲である20cm連装砲へ強化。
航空母艦

龍鳳【航空母艦】

【龍鳳】は【祥鳳・瑞鳳・千歳・千代田】とともに、「ワシントン・ロンドン海軍軍縮条約」の対策として空母改装を前提として建造された船でした。 【龍鳳】の前身は【潜水母艦 大鯨】といい、潜水艦用の補給艦として任務についていました。 【大鯨】の建造は初めて船体全体を溶接する電気溶接によって行われたのですが、これが工程を困難にしていました。
航空母艦

隼鷹【飛鷹型航空母艦 二番艦】

日本郵船は欧州航路向けに【新田丸・八幡丸・春日丸】という3隻の豪華客船の建造を計画しますが、それとは別に、サンフランシスコ航路向けの【出雲丸・橿原丸】という、やはり豪華客船の建造を命令されます。 特にこの【出雲丸・橿原丸】は海軍からの圧力がものすごく、日本郵船は嫌々ながらの建造となりました。
航空母艦

葛城【雲龍型航空母艦 三番艦】

「ミッドウェー海戦」で歴史的大敗を喫し、4隻の空母を失った帝国海軍は、【翔鶴・瑞鶴】ほどではなくとも、【飛龍】なみの空母の量産が必要だと判断し、「雲龍型」の建造に移ります。 【葛城】はその三番艦として、【雲龍】より4ヶ月遅れて起工されました。 【葛城】は、先に起工している【雲龍・天城】に比べて少し変更箇所がありました。 建造中に本来搭載するはずの機関の製造が間に合わず、仕方なく「陽炎型」で採用されていた機関に変更しました。
航空母艦

天城【雲龍型航空母艦 二番艦】

日本は太平洋戦争開戦から半年後の「ミッドウェー海戦」によって、日本の快進撃の原動力となった空母4隻を唐突に失います。 その影響は瞬く間に戦線に表れ、連戦連勝の帝国海軍の姿はそこにはありませんでした。 手を緩めることのないアメリカに対抗すべく、日本は【飛龍】をもとにして「雲龍型航空母艦」の大量生産に踏み切ります。 【天城】はその二番艦でした。
広告