秋風【峯風型駆逐艦 九番艦】

広告
広告

起工日大正9年/1920年6月7日
進水日大正9年/1920年12月14日
竣工日大正10年/1921年4月1日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年11月3日
ルソン島付近
建 造三菱長崎造船所
基準排水量1,251t
垂線間長97.54m
全 幅8.92m
最大速度39.0ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 3基3門
魚 雷53.3cm連装魚雷発射管 3基6門
機 銃6.5mm単装機銃 1基1挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
三菱パーソンス式ギアードタービン 2基2軸

広告



駆逐艦秋風虐殺事件

【秋風】「支那事変(日中戦争)」では華中の沿岸で活動をしていました。
太平洋戦争では南方で輸送任務や船団護衛を行っていましたが、昭和19年/1944年11月、輸送任務中の【隼鷹】を護衛中に【米バラオ級潜水艦 ピンタド】の魚雷によって沈没します。

【秋風】で語らなければいけないのは、その経歴ではなく、タイトルの「駆逐艦秋風虐殺事件」だと思います。
昭和18年/1943年8月、【秋風】「ニューギニアの戦い」においてニューギニア島の現地民をラバウルへと輸送している最中、あろうことか民間人を全員理由もなく殺害してしまったのです。
戦争は殺し合いではなく、捕虜はもちろん、民間人の虐殺なんてもっての外でした。
戦意のない者を意味もなく殺害することは国際条約でも厳しく禁止されています。

【利根】で発生した「ビハール号事件」は殺害されたのが捕虜でしたが、こちらはさらに無関係の民間人とあって、終戦後に連合国は本事件を徹底調査します。
しかし当の【秋風】はすでに沈没し、乗員も全員が死亡。
結局上官2名がB級戦犯とされたものの、本事件に関しては不起訴となっています。

日本は少なからずこのような事件も起こしており、拭い切ることのできない汚点となっています。
(連合国側でも発生していないことはありませんが・・・)