神風【神風型駆逐艦 一番艦】

広告
広告

起工日大正10年/1921年12月15日
進水日大正11年/1922年9月25日
竣工日大正11年/1922年12月28日
退役日
(除籍)
昭和20年/1945年10月5日

建 造三菱長崎造船所
基準排水量1,270t
垂線間長97.54m
全 幅9.16m
最大速度37.25ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 4基4門
魚 雷53.3cm連装魚雷発射管 3基6門
機 銃6.5mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
三菱パーソンス式ギアードタービン 2基2軸


広告



名前が足りなくなるほどの数が計画された神風型

【峯風】から建造が始まった「峯風型」は、【野風】の時点で一部の改良が施されました。
そしてこの砲・後檣の配置変更は功を奏し、今後の駆逐艦のベースとなりました。

出典:『軍艦雑記帳 上下艦』タミヤ

「峯風型」の生みの親となった「八四艦隊計画」「八六艦隊計画」、そして「八八艦隊計画」としてグレードアップし、その一環として次の建造が計画されたのが、この「神風型」です。
「神風型」「野風型(峯風改型)」をさらに改良し、全幅が少し大きくなりました。
これは復元性や安定感を増大させるための措置で、しかし残念ながら駆逐艦最大の武器とも言える速力が若干低下してしまいました(39ノット→37.25ノット)。
それでも遅い、というわけではないのですけど。

「神風型」で特筆すべきは、何と言っても計画された艦の数です。

その数、なんと27隻。
「八八艦隊計画」はもともとむちゃな計画でしたが、それは戦艦の数だけではありませんでした。

駆逐艦の命名基準は、おもに気象に関することでした。
そして「峯風型」「神風型」はもちろん「風」に関する言葉が選ばれます。

しかしいくら日本語は言葉が豊富とはいえ、総数42の「風」に関する言葉を探し出すことは不可能でした。
そこで帝国海軍は「風」の基準を排除し、非常にわかりやすい、「数字」を使うことにします。
よって「神風型」は、日本を窮地から救う「神風」という大変縁起のいい言葉を冠するにも関わらず、「第一駆逐艦、第三駆逐艦・・・」という素っ気ない命名となってしまいました。

ところが、「神風型」にとってはまさに神風が吹いたような事態が発生します。
それは日本にとっては大きな逆風ではありましたが。

「ワシントン海軍軍縮条約」の締結によって、「八八艦隊計画」が破綻してしまうのです。
各艦種の隻数が制限され、とても「八八艦隊計画」を計画通り進めることができなくなってしまったのです。
これによって27隻、「峯風型」を遥かに凌ぐ大所帯となるはずだった「神風型」はたったの9隻まで減らされます。

9隻になった「神風型」は、途端に余っていた「風」の言葉があてがわれていきました。
もちろんネームシップは【神風】です。

ちなみに当時から数字を船の名前にするということは不評だったようです。
昔から名前で船を呼ぶことは、愛着も湧くしかっこよかったのでしょう。

出典:『極秘 日本海軍艦艇図面全集』

潜水艦vs神風 海軍の宿敵との一騎打ち

出典:『軍艦雑記帳 上下艦』タミヤ

【神風】は当初「第一駆逐艦」として、大正13年/1924年には「第一号駆逐艦」、さらに昭和3年/1928年8月1日にはれて【神風】となります。

しかし「峯風型」同様、太平洋戦争時にはすでに艦齢20年、当然旧式です。
【神風】は船団護衛や哨戒活動を中心に行っていきました。
各海戦の要となる輸送任務を着実にこなした【神風】は、おもに北方海域で任務に従事し、大事なく戦争後半まで生き延びます。

昭和20年/1945年1月には、圧倒的劣勢に立たされながらも無傷で作戦を遂行した「北号作戦」にも参加。
5月には【羽黒】との輸送任務中、たった2隻で巻き込まれた「ペナン沖海戦」で奮闘します。
すでに輸送能力の向上のために魚雷発射管が降ろされていた【神風】は、修理不足により速力が出ない【羽黒】のまわりに煙幕を張ります。
【羽黒】は残念ながら力尽きてしまいますが、【神風】はなんとか輸送任務を完遂、その後、【羽黒】の乗員を救助しました。

続いて6月には合流寸前で沈められた【足柄】の乗員を救助、【神風】は2隻の「妙高型」の最期を看取りました。

そして【神風】は7月、駆逐艦最大の敵との一騎打ちを迎えます。
マレー半島テンゴール岬沖で輸送船団の護衛を行っていたところ、【米バラオ級潜水艦 ホークビル】と邂逅。
輸送船を先に行かせ、【神風】【ホークビル】を沈めんと臨戦態勢に入ります。

早速【ホークビル】から6本の魚雷が発射されます。
しかし【神風】はこの魚雷の間を綺麗にぬって回避。
今度は【ホークビル】との距離を詰めて攻撃の機会を伺います。
そこで【ホークビル】は再び3本の魚雷を発射、しかし【神風】はまたしてもこれを回避してすかさず爆雷攻撃を開始。
有効弾があり、【ホークビル】【神風】からわずか200メートルのところで急浮上、【神風】はこの機を逃さず、40mm連装機銃(もしくは25mm連装機銃)で【ホークビル】を攻撃します。
やがて【ホークビル】は海中へ沈んでいき、【神風】は引き続き爆雷攻撃を続けたのちに撃沈と判断。
急ぎ輸送船団を追い、戦場を後にしました。

【ホークビル】は撃沈こそしなかったものの、コンパスや無線機などが破壊され、【神風】が去るまでじっと息を潜めて難を乗り越えていました。
翌日浮上した【ホークビル】は、修理のためにスービック湾へと逃れます。
その移動中に再び両者は相まみえるのですが、この時は何事もなくその場を離れています。

その1ヶ月後、【神風】はついに終戦まで生き延びました。
終戦後、【神風】は復員輸送を行いますが、昭和21年/1946年、擱座してしまった【海防艦 国後】を救助しに向かった際、なんと自身も擱座してしまいます。
残念ながら【神風】はそのまま船体放棄され、翌昭和22年/1947年に解体。
日本の繁栄から敗北までを経験した【神風】は、なんとも悲しい最期を迎えてしまいました。